beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「こんな終わりとは。このままではいけない」メッシは絶望…バルサ無冠に危機感吐露

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーグ優勝を逃したFWリオネル・メッシは落胆

[7.17 リーガ・エスパニョーラ第37節 バルセロナ1-2オサスナ]

 バルセロナはリーグ3連覇達成ならず。16日にリーガ・エスパニョーラ第37節を行い、オサスナに1-2で敗戦。レアル・マドリーから首位を奪うためには勝利が必須だったが、勝ち点3を得られずに優勝の可能性が消滅。ライバルの優勝を許す形となった。FWリオネル・メッシは試合後のインタビューで落胆の様子を見せた。『マルカ』が伝えている。

 新型コロナウイルスの影響による中断期間が明け、形勢が逆転した。レアルは無傷の10連勝で優勝を成し遂げた一方、バルセロナは6勝3分1敗。中断前は首位だった連覇王者はその貫禄を失っていた。メッシは11位オサスナに敗れた後、「こんな終わり方とは思っていなかったが、今シーズンを象徴しているとも思う」と重い口を開いた。

「我々は弱かった。彼らは激しいインテンシティーで勝利したんだ。あまりに多くの勝ち点を失いすぎた。チームはとても不規則なものになっていた」

「レアルは自分たちの戦い方をした。中断明けから無敗だ。私たちはこぼしてはいけない勝ち点を取れなかった。自分たちを責めないといけないし、批判を受け入れなければいけない。私たちはバルセロナだ。すべての試合に勝つ義務があった」

 メッシはチームを優勝に導けなかったことを悔やむ。リーグ優勝を果たせなったバルセロナはいまだ無冠。UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は勝ち残っており、決勝トーナメント1回戦第1戦でナポリと1-1ドロー。8月8日に第2戦を控えているが、メッシは危機感を募らせる。

「私がこのようなプレーを続けていたら、欧州CLで勝つことは難しい。このままではナポリに負けるだろう。リーガでできなかったのだから明白だ。少し落ち着いて、欧州CLまで考えないといけない。今季は無冠だ。変化しなければいけない。自分自身を見つめ直さなければ。ライバルが良かったから負けたとは思っていないよ」

●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP