beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レオナルドで先制、エヴェルトンでダメ押し!! 完封勝利の浦和、3試合ぶり白星…横浜FCは3連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦和レッズ横浜FCに完封勝利

[7.26 J1リーグ第7節 横浜FC 0-2 浦和 ニッパツ]

 J1リーグは26日、第7節を開催し、ニッパツ三ツ沢球技場では横浜FC浦和レッズが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半7分にFWレオナルドの得点で先制した浦和が、後半アディショナルタイムにMFエヴェルトンがダメ押しゴールを奪い、2-0の完封勝利を収めた。

 ここ3試合未勝利で2連敗中の横浜FCは7月22日の第6節横浜FM戦(●0-4)から先発2人を入れ替え、MF中村俊輔、DF袴田裕太郎らを先発起用。同じく2連敗中の浦和は第6節柏戦(●0-4)から先発5人を入れ替え、FW興梠慎三、MF青木拓矢、MF柏木陽介、DF鈴木大輔、今季初先発となるDF槙野智章らがスターティングメンバ―に名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]

 序盤にボールを保持した横浜FCは、MF松尾佑介やFW斉藤光毅のドリブルがアクセントを加えて浦和ゴールに迫ろうとする。前半13分には左サイドから切れ込んだ斉藤が右足シュートを放つが枠外に。一方の浦和は同20分、MFマギーニョのパスミスに走り込んだMF柏木陽介がダイレクトで狙うも、GK南雄太に弾き出されてしまった。同25分には横浜FCがカウンター。ドリブルで運んだ斉藤のスルーパスからMF手塚康平が好機を迎えるも、シュートはゴールマウスを捉え切れなかった。

 前半29分には浦和が一瞬の隙を突くが、DF小林友希のパスミスを奪ったレオナルドが南のポジションを確認して放ったロングシュートは枠上に。同37分にはDF山中亮輔がミドルレンジから強烈な左足シュートを枠に飛ばすが、好反応を見せた南に阻まれてしまった。

 前半をスコアレスで折り返すと、後半7分に浦和が先制に成功。柏木の縦パスを受けたMF関根貴大がスルーパスを送ると、PA内に走り込んだレオナルドが左足ダイレクトで流し込み、スコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負った横浜FCは後半25分に3枚替えを行い、FW草野侑己、MF武田英二郎、DF田代真一をピッチへと送り込んで状況を打開しようと試みる。その後、ボールを保持した横浜FCだったが最後まで同点ゴールは生まれず。後半42分からは5バックを採用した浦和が、後半アディショナルタイムにMFエヴェルトンがダメ押しゴールを奪い2-0の完封勝利で3試合ぶりの白星を獲得した。

(取材・文 折戸岳彦)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP