beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

スペイン紙「久保建英がOKを出した」19歳MFが選ぶ新天地は…

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF久保建英がセビージャにレンタル移籍か

 レアル・マドリーのMF久保建英が来季のレンタル先としてセビージャを希望しているようだ。ジネディーヌ・ジダン監督も同様の意見を持っており、セビージャ移籍に近づく可能性があるとスペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

 今季はマジョルカに期限付き移籍し、リーガ・エスパニョーラ35試合の出場で4ゴール4アシストを記録した久保。レアルに戻る前のステップとして、来季も他クラブにレンタル移籍することが濃厚となっている。スペイン国内外の複数クラブがレンタル先の候補に挙がる中、ここ数日で一気に有力候補として浮上したのがセビージャだった。

 同クラブは今季リーガを4位で終え、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権を獲得している。レアルは久保が欧州カップ戦でプレーすることを望んでおり、スペインのラジオ局『オンダ・セロ』によると、久保本人とジダン監督はこのオプションに好印象を持っているという。

 また、『ムンド・デポルティボ』はレアルの専門メディア『デフェンサ・セントラル』の報道を引用し、「久保は来季チャンピオンズリーグの出場もあり、魅力的なチームであるセビージャでキャリアを積むことにOKを出したようだ。ジダンも同じく、ビジャレアル、ベティス、ソシエダ、スペイン国外のアヤックスやパリSGなど、テーブルの上に乗っている他の可能性よりも、このオプションを好むだろう」とレポート。「レアル・マドリーに所属する若き日本人選手は、チャンピオンズリーグ出場のために(フレン・)ロペテギのチームを選んだ。両クラブは交渉をすることになるだろう」と伝えた。

●海外組ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2019-20特集
●久保建英の試合はDAZNで!!いまなら初月無料!!

TOP