beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアルで時間を浪費するベイルへ…クリンスマン氏「選手にとって最悪の罰だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアルで燻るFWガレス・ベイル

 ユルゲン・クリンスマン氏がレアル・マドリーで燻るFWガレス・ベイルについて自身の考えを示した。

 今季、2013年のレアル加入以降、ワーストのスタッツを残したベイル。新型コロナウイルスによる中断明けのプレー時間も100分ほどで、ジネディーヌ・ジダン監督の構想から漏れたと考えられている。しかし、同選手は2022年まで残る契約を全うする意向のようで、来季以降も指揮官からの扱いにかかわらずクラブに残ることが予想される。

 トッテナムからレアルに加入した際、当時の世界最高額を記録し、FWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐエースとして成長することが期待されていたベイルだが、そのキャリアは急落。これを受け、トッテナムに在籍経験のあるクリンスマン氏は、イギリス『トーク・スポーツ』で同選手について語った。

「選手としての時間はとても速いし、この時間を無駄にすることはできない。ベンチに座らされることは選手にとって最悪の罰だ。いずれの選手にとっても、最も重要なことはピッチに立ち、プレーすること。これができないときは、遅かれ早かれ幕を閉じ、次の動きを考えなければならない」

「金を稼ぐという目標を達成すれば、今度はまた別に大切なものが出てくる。それはプレーすることであったり、ゴールを決めること、記録を打ち立てることだ。30歳代になって、試合から離れたいと考えたとき、どのチームでいくらゴールを奪った、さまざまな大会でどれだけゴールを奪ったかについて振り返ることになる。金は重要なものではなくなるんだ」

「ガレスの決断に金は影響を与えないだろうが、個人的な要素は影響を与えるだろう。家族やライフスタイル、考えることはいくつかある。しかし、私たちは彼のような選手を毎週のようにテレビで見たい。トッテナムファンの1人として、彼がスパーズに帰ってくることを望んでいる」

 今夏もレアルに残留すると予想されるベイルに対しては、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が獲得に興味を示すと報じられている。

●ラ・リーガ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP