beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[九州・山口BL U-18]ポゼッションの中に速さも。佐賀東が長崎日大に競り勝つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐賀東高の日本高校選抜候補MF小屋諒征はポスト直撃のシュートも

[9.20 九州・山口BL U-18 長崎日大高 1-2 佐賀東高 宮崎日大高第2G Bコート] 

「九州圏内および山口県に属する2種年代の選手およびチームの強化、また指導者の資質向上を目指す」「拮抗したリーグ戦の環境づくりを行い、プリンスリーグ等上位リーグに匹敵するリーグを目指す」「プリンスリーグ九州と各県リーグとの橋渡しとなるリーグにする」という目的を掲げて2017年から行われている「2020九州・山口ブロックリーグ(BL)U-18」は20日、佐賀東高(佐賀)対長崎日大高(長崎)戦を行い、佐賀東が2-1で競り勝った。

 ともにボールを大事に、判断しながらゴールを目指す両校の戦い。佐賀東は怪我のMF寺崎朋範(3年)や左SB平川琉稀(3年)が不在だったが、ボランチにコンバートされたMF吉田陣平(2年)が抜群の存在感。巧みにドリブルを交えながら組み立てる吉田とMF大島弘太郎(3年)がボールに多く絡みながら前進し、日本高校選抜候補のMF小屋諒征(3年)がカットインから右足シュートを打ち込む。

 一方の長崎日大は昨年からの経験者であるMF石本海耀(3年)や2年生ゲームメーカーMF山本和彗、CB本村啓翔(3年)が不在。その中でMF田中誠都(3年)が左右にボールを動かし、キープ力を備えたMF加藤葵梨(3年)や注目の1年生アタッカー・MF高嶺史哉、推進力のあるFW加藤孝太郎(2年)がゴールへ向かう。

 23分には相手のミスを突いたMF森蒼一郎(3年)がGKとの1対1からシュートを放つが、佐賀東GK山本凜(3年)に止められて先制点を奪うことができない。互いにボールを握り合う中、より前へのスピードがあった佐賀東が先制点を奪った。

 前半35分、中盤中央でボールを持った吉田が右ハイサイドへ展開。これをMF高瀬翔(3年)が中央へ折り返すと、PAへ走り込んでいた吉田が右足ダイレクトボレーで先制点を叩き出した。

 佐賀東はさらに小屋がカットインからポスト直撃のコントロールショット。畳み掛けようとするが、次の1点を奪ったのは、粘り強い守備から焦れずに攻める長崎日大の方だった。後半15分、1年生MF高嶺が左サイドから中へボールを運んで強烈な右足シュート。ゴールライン上にこぼれたボールを加藤が押し込む形で同点に追いついた。

 勢いづいた長崎日大は、さらにMF中村大翔(2年)のキレのあるドリブルなどから勝ち越し点を狙った。それでも佐賀東はCB岡部羽弥(3年)中心に次の1点を許さず、試合終盤に決勝点を奪う。小屋のクロスは相手DFにカットされたが、それをゴール前で奪い返したFW山下輝留(3年)がゴールへ流し込んで2-1。白星を勝ち取った。

 今年、日本高校選抜監督を兼任した佐賀東の蒲原晶昭監督は「(ボールを持った選手の)顔が上がって選択肢を持たせながらサッカーをさせたい」。選手権予選開幕が近づく中で、その状況が増えてきているという。加えて吉田が「最近は練習とかでフルコートの5対5とか結構走る練習もしている」と明かしていたが、その中で走力と前への意識も向上。この日はそれが長崎日大とのわずかな差を生み出した。

 現在は主力候補に怪我人もいるが、それに対しては「今いるやつがベストだ、という考えなので、出れるか出れないかは競争してやってみろと言うところです」(蒲原監督)。山下やFW小林岳叶(3年)、CB松永隼(3年)、CB仁田尾颯真(2年)らチャンスを得た選手が特長を出してチームにプラスアルファを加えている。

 目標は吉田が「選手権は2年出ていないので絶対に出たい」と口にするように選手権出場だ。今年は県新人戦で優勝したものの、インターハイ代替大会は龍谷高との2回戦でPK戦の末に敗れた。その悔しさもエネルギーに。08、09年に2年連続でインターハイ3位に食い込むなど、全国で活躍した歴史も持つ佐賀東がまずは選手権予選タイトルを奪還する。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP