beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鹿島が0-2からの逆転劇で横浜FCに劇勝!小泉慶の移籍後初ゴールが値千金V弾

このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿島DF小泉慶が決勝ゴール

[10.10 J1第21節 鹿島3-2横浜FC カシマ]

 J1第21節が10日に行われ、鹿島アントラーズはホームで横浜FCと対戦し、3-2で逆転勝利をおさめた。鹿島は0-2から試合をひっくり返し、3試合ぶりの勝利をもぎ取った。横浜FCはリードを守れず、2連敗を喫した。

 横浜FCが電光石火で試合を動かした。前半1分、FW皆川佑介がDF犬飼智也と競り合い、左後方でFKを獲得する。キッカーのMF手塚康平が左足でGKとDFの間にクロスを入れると、バウンドしてファーサイドに流れたボールをFW瀬沼優司がジャンピングボレーで押し込んだ。

 さらに前半13分、CKの流れから左サイドでこぼれ球を回収したMF松尾佑介が鋭いカットインからMF和泉竜司をかわし、右足でグラウンダーのシュートを流し込んだ。さらに、前半36分にはファウルを受けた松尾がPA左でFKを獲得。手塚が絶妙なクロスを上げると、ファーサイドのMFマギーニョがヘッドで合わせたが、これは惜しくも右ポストを叩いた。

 2点ビハインドの鹿島は交代策から流れを引き寄せる。まずは後半13分、MF荒木遼太郎がMFファン・アラーノとワンツーの形でペナルティエリア内に侵入。突破は阻まれたがこぼれ球をMF三竿健斗が回収し、MFファン・アラーノがクロスを入れると、FWエヴェラウドが右足シュートを突き刺した。

 雨脚が強まる中、鹿島は幸運な形で追加点を奪う。後半43分、右CKからエヴェラウドが頭で折り返すと、DF田代真一がクリアを試みたボールがGKの手を弾いてゴールマウスに吸い込まれた。2-2で迎えた後半アディショナルタイム3分にはDF小泉慶が劇的な逆転ゴール。19年7月に鹿島に加入した小泉は古巣戦で移籍後初ゴールをマークした。「みんながあそこまで繋げてくれたからゴールにつながった。ずっと僕もゴールを、このホームで欲しかった」と喜びを口にした。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2020シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP