beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「久々に腹立った」男子チーム所属・永里優季の誤情報が拡散…クラブも訂正の声明を出す異例の事態

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在はやぶさイレブン(神奈川県2部)に所属するFW永里優季

 はやぶさイレブン(神奈川県2部)に期限付き移籍している元日本女子代表(なでしこジャパン)FW永里優季の2021年シーズンの所属先が、新たにアメリカ女子プロリーグ(NWSL)に参入するレーシング・ルイビルFCに決まった。

 シカゴ・レッドスターズに在籍していた永里はNWSLのオフ期間を利用し、9月からはやぶさイレブンにレンタル移籍。男子チーム挑戦で大きな注目を集め、今月18日には新天地デビューを飾った。

 はやぶさイレブンとの契約期間は2020年12月31日までとなっている。年明けからアメリカに戻る予定だが、一部報道ですぐにはやぶさイレブンを退団すると勘違いしたユーザーがネット上で永里を批判した。

 永里は28日、自身のツイッター(@Yuki_Ogimi)で「久々に腹立った」と怒りを露わにし、自ら正しい情報を発信。はやぶさイレブンも同日にクラブ公式ツイッター(@hayabusaeleven)で「永里優季選手契約について」と題し、「永里優季選手は2020年12月31日まではやぶさイレブンの選手としてプレーします。2021年からのアメリカでのプレー先がレーシングとなります」と訂正の声明を出す異例の事態となった。

TOP