beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

過失致死の疑いでマラドーナ氏主治医を家宅捜索…本人は涙の訴え「出来ることはすべてした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

マラドーナ氏の主治医レオポルド・ルケ氏

 25日に死去したディエゴ・マラドーナ氏の主治医をアルゼンチン検察が29日、過失致死の疑いで捜査したことが明らかになった。『BBC』が報じている。

 元アルゼンチン代表のレジェンドだったマラドーナ氏はブエノスアイレス郊外の自宅で心臓発作を起こし、60歳でこの世を去った。今月3日に脳の血栓の手術に成功し、その後はアルコール依存症の治療を受けることになっていた。マラドーナ氏の娘たちは父親の薬物療法についての詳細を求めている。

 報道によると、ブエノスアイレスの警察は主治医だったレオポルド・ルケ氏の自宅と診療所を捜索し、マラドーナ氏の手術後の治療に問題がなかったかどうかを確かめようとしている。ルケ医師は起訴されておらず、過失致死を否定している。

 約30人の警察官が29日朝、ルケ医師の自宅を家宅捜索した。ブエノスアイレスにある彼の診療所にも別の20人の警察官が調査に入っている。この家宅捜索は、マラドーナ氏の最期の状態を確かめようとしている検察官によって命じられたものだ。警察はコンピュータや携帯電話、医療記録を押収したと当局は話している。

 自宅療法中だったマラドーナ氏には、診療所からの退院の条件を満たしていなかったのではないかという疑惑がある。当局はマラドーナ氏の治療の手配に関して、ルケ医師がどの程度関与していたかと知りたいと考えている。

 29日の記者会見は感情的なものになり、ルケ医師は「友人」の命を救うためにできる限りのことをしたと涙ながらに訴えた。

「私に何の責任があるのか知りたいのか? 彼を敬愛していたこと、彼の世話をしていたこと、彼の寿命を延ばしたこと、そして最期まで状態を改善していたことだ」

「彼に出来ることはすべてやった。もう不可能というところまでね」

その後、当局が調べている懸念事項について、ルケ医師は自分の役割がどのようなものであったのかについて疑問を投げかけ、マラドーナ氏の自宅療養については自分の責任ではないと主張している。

「もし私に尋ねるのであれば、私は脳神経外科医であり、私の仕事は終わっている」

「彼(マラドーナ)はリハビリセンターへ行くべきだった。彼はそれを望んでいなかった。(マラドーナについて)手に負えなかったんだ」

 ルケ医師はなぜ除細動器がなかったのか、マラドーナ氏の家の外に救急車がなかったのは誰の責任なのか分からないと述べた。マラドーナ氏については、「彼はとても悲しんでいた。彼は一人になりたがっていた。それは彼が娘や家族、周りの人を愛していなかったからではない」と話している。

TOP