beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

きっかけはアピール動画…横浜FM内定つかんだ新潟医療福祉大FWンダウ・ターラ「勝負はこれから」

このエントリーをはてなブックマークに追加

新潟医療福祉大FWンダウ・ターラ(4年=札幌創成高)

[1.7 #atarimaeniCUP1回戦 四国学院大 3-1 新潟医療福祉大]

 横浜F・マリノス加入内定が発表された直後に迎えた全国大会初戦、新潟医療福祉大FWンダウ・ターラ(4年=札幌創成高)は約20分間のプレータイムで大学サッカー生活に幕を閉じた。試合後には「勝負はこれから。勝負の世界で結果を残せるように切り替えている。結果を残せるように頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 ベンチスタートのンダウは0-2で迎えた後半24分、反撃の期待を込めてピッチに投入された。「点差もつけられていたので、ひっくり返す気持ちで試合に入った」。直後にチームは3点目を奪われ、厳しい状況に追い込まれたが、同じく途中出場のMFオナイウ情滋(2年=正智深谷高)、FW田中翔太(1年=青森山田高)とともに迫力のあるプレーでゴールに迫った。

 そして後半40分、持ち味の高さで唯一のゴールをもたらした。右サイドを攻め上がったMFシマブク・カズヨシ(3年=浦和ユース)のクロスを頭でそらし、ファーの田中が巧みに合わせてゴールを奪った。その後もポストプレーからのカットインシュート、セットプレー起点のヘディングシュートを放ち、いずれも枠を外れて得点こそならなかったが、ポテンシャルの片鱗は見せつけた。

 この日もベンチスタートだったように、新潟医療福祉大でのンダウは中心的な存在ではなかった。八戸内定のFW佐々木快(4年=青森山田高/八戸内定)をはじめ、FW有田朱里(3年=市立船橋高)、FW小森飛絢(2年=富山一高)といったストライカー陣がおり、ジョーカー起用が主だったようだ。

 佐熊裕和監督は「ポテンシャルは高い」と評価しながらも「90分間で何かするというところがこれからの課題になる。うちでもなかなかそういう場面がなかった」と指摘。ンダウ自身もその立場を理解し、今季途中には「前からやってみたかった」というセンターバックへのコンバートを志願。実際に公式戦でもプレーし、好パフォーマンスを見せていたという。

 ところが、一昨季Jリーグ王者の横浜FMからはストライカーとして声がかかった。そのきっかけは一本の動画だったという。

「大学であまり試合に出られなかったが、コロナで大会もなくなってアピールする場もなくなったので、自分のプレー映像をつくってみた。それを友達が紹介してくれたところに送ったら映像をまとめてくれて、それをマリノスの人が見つけてくれたみたいで、面白そうだねと練習参加に呼んでもらった」。

 横浜FMのトレーニングには1週間参加。初日のポゼッション練習でフリーマンを務め、「CBをやっていたおかげで集中力がついていたので、ミスもなくいい感じでプレーできた」と手応えのあるスタート切ると、FW陣だけで行うシュート練習でも調子が良く、早い段階で獲得を打診されたという。

 来季は期限付き移籍先のFC町田ゼルビアでプレーする予定。「不安はあるし、責任もある。ただ、自信もある」。そう現在の心境を語るンダウは、横浜FMの練習参加で経験した「スピード感が断然違った。みんなうまいし、うまくいかなかったところですぐにコミュニケーションを取って改善していた」という刺激を胸に、思い切って飛び込んでいく構えだ。

 今季の目標を問うと「目標は大きいほうがいいので、J2得点王」と力強い言葉。新たなステージに向かう185cmのストライカーは「大学4年間はうまくいかないことが多かったけど、諦めようとは思わなかった。諦めなかったからこういう結果につながった。新潟医療福祉大学に貢献はできなかったけど、これから結果出せるように頑張っていきたい」と意気込みを語った。

(取材・文 竹内達也)
●#atarimaeniCUP特集ページ

TOP