beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

山梨学院が11年前の再現!再び決勝で青森山田破り、日本一!

このエントリーをはてなブックマークに追加

山梨学院高が日本一に。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[1.11 選手権決勝 山梨学院高 2-2(PK4-2)青森山田高 埼玉]

 山梨学院がPK戦制して日本一! 第99回全国高校サッカー選手権決勝が11日に行われ、山梨学院高(山梨)と青森山田高(青森)が対戦。2-2で突入したPK戦の末、山梨学院が4-2で勝ち、11年ぶり2回目の優勝を飾った。

 史上初めて無観客試合での決勝。09年度大会決勝と同カードの一戦は激闘となった。昌平高(埼玉)などの激戦ブロックを勝ち上がり、11年ぶりの決勝進出を果たした山梨学院は4-4-2システム。GKは準決勝のPK戦で2本ストップのGK熊倉匠主将(3年)、4バックは右SB鈴木剛(3年)、CB一瀬大寿(3年)、初戦以来の先発復帰となったCB板倉健太(3年)、左SB飯弘壱大(3年)。中盤は谷口航大(2年)とMF石川隼大(2年)のダブルボランチで右MF新井爽太(3年)、左MF広澤灯喜(3年)、2トップは野田武瑠(3年)と久保壮輝(3年)がコンビを組んだ。

 一方、3年連続決勝進出の青森山田は4-5-1システムでGKは韮澤廉(3年)、4バックは右SB内田陽介(3年)、CB秋元琉星(3年)、CB藤原優大主将(3年、浦和内定)、左SBタビナス・ポール・ビスマルク(3年、岩手内定)。中盤は宇野禅斗(2年)がアンカーに入り、2シャドーが準決勝3発の安斎颯馬(3年)と10番MF松木玖生(2年)、右MF仙石大弥(3年)、左MF小原由敬(2年)、1トップは名須川真光(2年)が務めた。

 先にビッグチャンスを迎えたのは青森山田だった。5分、左サイドから崩し、安斎のパスで松木が左中間を抜け出す。最後はGKと2対1の状況から松木が左足シュート。これはGK熊倉が足でストップする。

 その後もサイドからゴール前のシーンを作ろうとする青森山田だったが、山梨学院が1チャンスをモノにする。12分、右サイドでボールを持った谷口が左中間の広澤へ横パス。広澤がDFをずらして右足シュートを放つと、ボールはDFの間を抜けてゴール左隅を破った。

 先制された青森山田はサイドからの攻撃で圧力をかける。両SBが高い位置で攻撃に絡んでクロス。また内田のロングスローがゴール前に入るが、山梨学院は一瀬、板倉の両CBが跳ね返し、ゴール前の浮き球はGK熊倉が処理。決定打を打たせない。

 後半6分、青森山田は小原に代えてMF藤森颯太(2年)を投入。すると12分、青森山田は内田の右ロングスローのクリアボールを松木が右足ダイレクトボレーで狙う。このこぼれ球を藤原が左足1タッチで決めて1-1とした。

 青森山田は畳み掛ける。14分に安斎が決定機を迎え、直後にはタビナスのヘディングシュートがクロスバーを叩く。そして18分、右サイドを抜け出した藤森の折り返しを安斎が右足で決めて逆転した。

 山梨学院は直後に広澤をMF山口丈善(3年)へスイッチ。飲水タイム明けの25分には久保、石川に代えてFW笹沼航紀(3年)とFW茂木秀人イファイン(2年)を同時投入する。押し返したいところだが、宇野にボールを引っ掛けられたり、相手の堅いDFラインに跳ね返されたりするなどなかなか前進することができない。

 山梨学院は逆に決定機を作られていたものの、GK熊倉が追加点を阻止。すると33分、山梨学院が再び少ないチャンスをモノにする。左中間で前を向いた笹沼がスルーパス。これに山口が走り込むと、こぼれ球を野田が左足1タッチでゴールへ沈めた。

 青森山田は36分、左CKから藤原がポスト直撃のヘディングシュート。山梨学院は直後に新井をMF 浦田拓実(3年)へスイッチする。44分、青森山田は相手のミスを繋いで藤森が右サイドを抜け出し、ラストパス。だが、仙石の決定的なシュートは枠を捉えることができない。アディショナルタイムも押し込み続けた青森山田だったが、決め切ることができず、延長戦へ突入した。

 山梨学院は延長前半6分、野田に代えてMF中根悠衣(3年)を送り出す。8分には右サイドを崩し、ラストパスがPAの茂木に通ったが、打ち切ることができない。青森山田は9分、仙石とMF内間隼介(3年)、10+2分には名須川に代えてDFベベニョン日高オギュステュ祐登(3年)を投入。サイドから攻め続けて迎えた延長後半7分には秋元とCB三輪椋平(2年)を入れ替えた。山梨学院も笹沼の好パスやロングスローから1点を目指したが、スコアは動かず、決着はPK戦へ委ねられた。

 8年ぶりとなった決勝のPK戦は、先攻・青森山田2人目・安斎のシュートを山梨学院GK熊倉がストップ。さらに4人目・三輪のシュートが枠左へ外れてしまう。4人全員が決めた山梨学院が青森山田の年間公式戦全勝を止めて日本一に輝いた。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2020

TOP