beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[球蹴男児U-16リーグ]優秀選手:西原DF上田ゆん「県内での試合では全て勝ち続けることが出来るように」

このエントリーをはてなブックマークに追加

西原高DF上田ゆん

 九州地域のU-16年代において長期にわたるリーグ戦を通して、選手の育成および指導者のレベルアップを図る「2020 球蹴男児 U-16 リーグ」は全日程終了後、各チーム選出の優秀選手を発表した。那覇西高、宜野湾高、西原高、那覇高の4チームが試合数を分け合う形でD2リーグに出場予定だった「チーム沖縄」は、県外チームと戦うことができなかったが、県内チーム同士で交流戦を実施。西原高(沖縄)からはDF上田ゆん(1年=大里中出身)が選出された。

以下、上田コメント

―リーグ戦を振り返って。
「今年は、コロナウイルスの影響で沖縄では県外遠征が出来ず、楽しみにしていた球蹴男児リーグが延期、延期で結果実現できずに、とても残念な想いです。しかし、最後に県内だけでの交流戦をホームページなどで盛り上げてもらってモチベーションを上げて対戦することが出来ました。今後、県外チームとの対戦のチャンスがあると思うので、それに向けてしっかり準備をしていきたいです」

―現在の課題と強み。
「現在の課題は、基本的な技術のレベルを上げる事はもちろん、チーム全体として前線からのハイプレスを目指しているので、特に攻守の切り替えの速さや、球際の強さを強化していきたいと思っています」

―目標とする選手。
「酒井宏樹選手です」

―今後の目標。
「今後の課題としては、今のままだと県外のチームと対戦してもまだまだ力不足だと思うので、日々の練習から全力で取り組んで、県内での試合では全て勝ち続けることが出来るように努力していきたいです」

(構成 吉田太郎、協力 スポーツらぼ御殿場、西原高)
▼関連リンク
2020 球蹴男児U-16リーグ特集ページ

TOP