beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アルテタ「勝ちたいと思っているだけでは、シティに勝てない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーセナルミケル・アルテタ監督

 21日に行われたプレミアリーグ第25節でマンチェスター・シティと対戦したアーセナルは0-1の完封負けを喫した。

 この試合の決勝点が生まれたのは、試合開始早々の前半2分だった。右サイドでボールを受けたFWリヤド・マフレズにDFキーラン・ティアニーが対応。しかし、簡単にクロスを供給されると、ゴール前で完全にフリーになったFWラヒーム・スターリングにヘディングでネットを揺らされてしまった。

 英紙『ミラー』によると、『RMCスポーツ』のインタビューに応じたミケル・アルテタ監督は、「フラストレーションのたまる試合だ」と嘆いている。

「(失点の場面では)本当に強い気持ちを持ってブロックしなければならなかったが、我々は逆のことをしていた。相手にボックス内で時間を許し、スターリングに中央でヘッドする時間も与えてしまった。シティを相手にしたときは、勝ちたいと思っているだけでは勝てない」

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP