beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“ラストチャンス”の舞台で悔しさ…MF渡辺皓太「何もさせてもらえなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-24日本代表MF渡辺皓太(横浜FM)

 ラストチャンス。自身の中で、そう位置づけして今回の活動の臨んでいる。26日のアルゼンチン戦で先発出場の機会を得たU-24日本代表MF渡辺皓太(横浜FM)だったが、相手とのレベルの差を痛感したようだ。

 MF田中駿汰(札幌)が試合前日に負傷。MF田中碧(川崎F)が出場停止の影響もあり、フォーメーション練習では控え組に入っていた渡辺に先発出場の機会が巡ってきた。

「先発だろうが、先発じゃなかろうが、代表戦ということでいつも通り試合に入った。ただ、今回の2試合が本当に自分にとって最後のチャンスだと思っている。そう思って試合をした」

 並々ならぬ決意を胸にピッチへと向かった。ボランチの一角に入ったものの、感じたのは「相手のレベルの高さ」だった。「球際の部分(での強さ)や、奪えそうなところを奪えなかった」とフィジカル勝負で後手に回ってしまう。そして、攻撃面でも「受けるポジションが良くなかった」と効果的にボールに絡む場面は限られてしまった。

「手応えはまったくない。何もさせてもらえなかった印象です」

 悔しさを滲ませたものの、次の試合は中2日で訪れる。「より多くにボールに触り、受けてから前につけるのは自分の中での課題。守備面では予測の部分や球際の部分を伸ばさないといけない」。自身の中で課題は明確となった。限られた時間の中で修正を施し、“ラストチャンス”第2ラウンドで自身の存在価値を改めて証明したいところだ。

(取材・文 折戸岳彦)

TOP