beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

A代表コンビの“壁”に挑むDF町田浩樹「違いを作らないといけないし、できると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-24日本代表DF町田浩樹(鹿島)

 A代表でコンビを組む2人のプレーを間近で見た。盗めるものは盗もうと刺激を受けつつ、自らの持ち味も忘れない。U-24日本代表DF町田浩樹(鹿島)は「違いを作らないといけないといけないし、できると思っている」と胸を張って答えた。

 今回の合宿からオーバーエイジとしてDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF遠藤航(シュツットガルト)が合流。さらに東京五輪世代ながらもA代表のレギュラーを張るDF冨安健洋(ボローニャ)が約3年ぶりに招集され、5日のU-24ガーナ戦では吉田と冨安というA代表のCBコンビが最終ラインの中央を固めた。

 ガーナ戦で出場機会のなかった町田はベンチから2人のプレーを見つめ、感じたことがある。「一試合を通して、非常にミスが少ない印象。一瞬一瞬で細かなポジション修正をしているので、そこは違いを感じたし、僕もそのレベルに立たないといけないと思った」。

 しかし、2人にも、他のライバルにも負けない武器がある。「CBでの違いというと、僕には身長が190センチあり、左利き。空中戦の強さだったり、左足でのフィード、ビルドアップの部分では違いを作らないといけないし、できると思っているので、そこはしっかり出していきたい」と力を込めた。

 12日には“最終選考”最後の一戦となるジャマイカ戦が開催される。「五輪まで時間がないので、アピールするのはもちろんだけど、大きく何か変えるのではなく、細部にこだわってやっていきたいし、何よりもチームとしての結果を求めていきたい」。万全の準備を進めていく。

(取材・文 折戸岳彦)
●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

TOP