beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

今年も興國からJ1王者へ!川崎FがFW永長鷹虎の加入内定を発表!

このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎フロンターレ加入が内定した興國高FW永長鷹虎

 今年も興國からJ1王者へ――。16日、川崎フロンターレが来季の新戦力として興國高(大阪)FW永長鷹虎(3年)の加入が内定したことを発表した。永長は高校年代では「止まらない」カットインなどキレのあるドリブルと、左足が魅力の希少なウインガー。昨年、興國からMF樺山諒乃介ら4選手が19年J1王者の横浜FMへ進んだが、今年も興國から20年J1王者へ逸材が進むことになった。

 今季ブレイクした永長については、複数のJ1クラブとJ2クラブが獲得を目指した。その中で、本人は「興國みたいな感じのサッカーで、日本やったら別格のチームやし、左利きで自分みたいな選手がいないので良かったし、練習に入っただけで絶対に上手くなれるというのがある」という理由で川崎Fへの加入を決断。川崎Fのサポーターへ向けては、「見ている人を楽しませるようなサッカーをしたいです。ボール持った時のアイディアやドリブルは見て欲しいです」とメッセージを送った。

 川崎F入りを決めた理由として、同じ左利きのFW家長昭博の存在も大きかったようだ。「自分が目標としている選手ですし、技術以外の面でも1タッチの質や手の使い方が上手くて、キープ力やったりが今自分は必要やと思うので、学べるところは学んでいきたいです」。憧れの選手から学びながら成長を遂げ、J1で10ゴール10アシストできるような選手を目指していく。

“大阪の育成軍団”興國は近年、立て続けにJリーガーを輩出。永長は計5選手がプロ入りした1学年上の先輩たちの中で成長することができた。「去年の人たちは樺山君や(湯谷)杏吏君(現中央大)とかスーパーな人たちが多くて、(練習で相手を)抜いたりしても、まだまだやなと上の人たちを見ていたので分かるし、残してくれたものを吸収して自分のものにできればと思っていました」

 昨年の選手権予選はサブ。選手権出場を逃し、悔しさも味わった。だが、高い意識を持ってプロ入りしたり、評価の高かった先輩たちのレベルに追いつくことを目指し続けた永長は、プレースピードが上がったこともあって今季は高校年代で簡単には止まらない存在に。Jクラブからの評価も一気に引き上げた。

 そして、J1で独走中の川崎Fからオファーを得て、決断。興國の内野智章監督は「個人的には、鷹虎の凄いところって身体が出来上がっていないのに、現状高校レベルであれだけのパフォーマンスを出せるところだと思っています。僕がこれまで関わった選手で、最も身体ができていないのに、プロから声がかかった選手。高校以降の伸びしろが計り知れない」と期待する。父・徹さんは大学ラグビーで活躍したという元ラガーマン。これから身体の厚みも増しそうな永長が肉体の進化とともに、より抜きん出たパフォーマンスをしていくか注目だ。

 その永長は、プロ入りまでの成長を誓った。勝てばインターハイ出場だった6月12日の大阪府予選準決勝で大阪桐蔭高に0-1で惜敗。永長は開始5分に右サイドからのカットインで2人3人とかわしてクロスバーを叩く左足シュートを放ち、後半にも鋭いドリブルでPAへ切れ込んだり、ワンツーから強烈なシュートを打ち込んだものの、無得点に終わった。

 準々決勝までは3試合連続ゴールを記録していたが、この日はボールを受ける回数が少なく、より引き出す動きや、周囲を活かす動きの必要性を実感。「ドリブルだけじゃダメだし、まずボール持てなかったら自分の武器を発揮できないから、オフ・ザ・ボールのところだったり、出す時と仕掛ける時のメリハリをもっとつけて、チームを活かすプレーと自分が行くプレーの両方ができるようにしたい。カットインやったりは止められないと思うから、カットイン見せて縦に行くとかはもっと増やしたい」と誓った。卒業するまでに自分の理想とする姿に少しでも近づき、プリンスリーグ関西からプレミアリーグへの昇格、選手権日本一という目標を達成して川崎Fへ加入する。

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校総体2021

TOP