beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「ペルーの宝」FW澤の柏入り有力に

このエントリーをはてなブックマークに追加
 ペルーリーグ1部シエンシアーノでプレーするFW澤昌克(25)の柏レイソル入りが有力になったことが明らかになった。14日付スポーツニッポンによると鹿島との争奪戦の末、柏が推定年俸5000万円の好条件を提示。高評価に澤本人が柏入りの意思を固めたという。

 澤は千葉県の中央学院高卒業後、アルゼンチンの強豪・リバープレートへ単身サッカー留学。05年から拠点をペルーに移し、ムニシバルに所属した昨季は外国人最優秀選手に輝いた。昨年末にはペルー代表入りを打診されるほど急成長を遂げ、柏が調査を開始。ドリブル突破に加え、173cmながらヘディングも強く、石崎信弘監督(50)は「うちにいないタイプ」と高く評価している。早ければ来月上旬にも合流予定で、「ペルーの宝」とも呼ばれる澤が4位と好調な柏のさらなる推進力となりそうだ、と同紙は報じている。

(文 吉田太郎)

TOP