beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]柴崎の青森山田敗れる!滝川二が8強進出!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 第89回全国高校サッカー選手権は3日、関東各地で3回戦を行っている。東京・西が丘サッカー場の第1試合では昨年度準優勝校でMF柴崎岳(3年、鹿島加入内定)とGK櫛引政敏(3年、清水エスパルス加入内定)という2人のJクラブ内定者擁する青森山田(青森)が今夏の全国高校総体準優勝校の滝川二(兵庫)と対戦。滝川二が2-0で勝った。

 3回戦を代表する好カードとなった一戦は前半10分、カウンター攻撃を繰り出した滝川二が左サイドから逆サイドのMF本城信晴(3年)へ展開。本城がPA手前のエースFW樋口寛規(3年)へグラウンダーのパスを通すとトラップで強引にDFの間へ入り込んだ樋口がそのまま抜け出し右足シュートをゴール左隅へ流し込んだ。

 対する青森山田は後半4分、右クロスをファーサイドで詰めていたMF三田尚希(3年)がポスト直撃の左足シュート。滝川二も直後に右サイドからのラストパスでフリーとなったMF香川勇気(3年)が中央で右足シュートを放つが、こちらもボールはポストに弾かれた。青森山田は柴崎主将のドリブルシュートを放ったほか、終盤再三ゴールへ迫った。だが粘り強く守った滝川二は逆に後半ロスタイム、カウンターから最後はFW濱田量也(3年)のラストパスが相手DFのオウンゴールを誘い、8強入りを果たした。

[写真]前半10分、滝川二FW樋口が先制ゴール(写真協力 『高校サッカー年鑑』)  

【特設】高校選手権2010

TOP