beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[総体]名門の10番、スーパーゴールも「もっと自分を磨いてくる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成23年度全国高校総合体育大会「2011熱戦再来 北東北総体」サッカー競技(秋田)
[8.3 全国高校総体決勝 桐蔭学園2-1静岡学園 八橋運動公園陸上競技場]

 U-17日本代表候補MF渡辺隼のスーパーゴールも勝利には結びつかなかった。静岡学園は前半12分、右ショートコーナーからMF大村颯士とパス交換した渡辺がゴールへ向けたコントロールから得意の左足を一閃。素晴らしい弾道でゴールを捉えたボールはGKの指先を抜けてそのままゴールネットに突き刺さった。今大会一度だけ行っていたというサインプレーから圧巻のゴール。今大会、大黒柱として静岡学園を引っ張る2年生MFがチームを日本一へと近づけた。

 このゴールでチームは乗ったが、その後中盤を支配されてしまうなど失速。攻守各局面で常に相手に先に動かれ、完全に試合を支配されてしまった。渡辺自身も全くボールに絡むことができず。後半は流通経済大柏との準決勝で足を痛めていた影響もあってか、セットプレーでキックミスを犯してしまうなど、悔しい逆転負けを喫してしまった。「前半のサッカーがもっとできていれば。取った時間が早すぎたのもある。もう1点必要だった」

 2年生ながら名門の10番を背負う渡辺。サッカー王国期待のレフティーはその左足から多彩なキックを繰り出し、チームの決勝進出に貢献した。ただ、守備面やポジショニングなど課題も。「もっと自分がやらなきゃいけない。運動量を増やして、得点力も上げるないといけない。とにかく自分自身をもっと磨いてくること」。自らの存在を全国にアピールした大会ではあった。ただ、より成長する必要性を知ったMFは、より大きな存在となって全国舞台に戻ってくる。

(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2011

TOP