beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ユニバ]DF谷口彰悟(筑波大)「丁寧にボールをつなぐ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 第26回ユニバーシアード競技大会が8月11日に中国・深センで開幕します。前回大会では3位だった全日本大学選抜ですが、今大会の目標は「優勝」。昨秋のアジア競技大会ではU-21日本代表の一員としてアジアを制したMF山村和也やDF比嘉祐介、GK増田卓也、FW富山貴光らタレント揃いの全日本大学選抜がいよいよ世界に挑みます。ゲキサカでは全日本大学選抜のユニバーシアード代表メンバー全選手のインタビューを掲載します。

 第18回目はDF谷口彰悟(筑波大2年=大津高)選手です。昨季はルーキーイヤーながら筑波大で主力選手として先発に定着。CBからボランチまで器用にこなし、丁寧にボールをつなぎながら、1年生とは思えない落ち着いたプレーでチームの勝利に大きく貢献してきました。谷口選手の今大会へ向けての意気込みとは?

―下級生ながらユニバ代表に選出されました。
「2年生で入った形になりましたがプレッシャーはあまり感じていないです」

―現役のU-22代表選手と組んでのプレーも多いですが。
「隣りでプレーしているので勉強になりますし、プレーの質だったりというのは普通の人とはちょっと違うなということは感じながらやっています」

―自分自身との違いはどこにあると感じるか?
「特に山村くんとか林堂くんとかは、やっぱり人に強いので。そういうところは自分には持ってない部分だと思いましたし、そういう部分を見習ってやっていきたいなと思っています」

―大学入学後から筑波で先発を果たし、関東選抜に入り、そしてユニバ代表にも入りました。
「自分でも大学に入学したときから選抜に入れるとかは、全く思ってもいなかったことなので。自分でもちょっとビックリしています。意外な選抜入りでした」

―2年生だからこそ、果敢に挑戦していけるという感じはある?
「そうですね。若さを出して、フレッシュな感じでいけたらいいなと思います!」

―世界大会へ臨むにあたっての不安は?
「不安はないです。周りが素晴らしい選手ばかりなので大丈夫です」

―ユニバで出したい自分の持ち味は?
「自分の売りは丁寧にボールをつないだりする部分だと思うので。世界相手に、そういう部分がどこまで通用するかは楽しみです」

―改めて意気込みを。
「目標は金メダルを取るというところにありますし、6試合というキツイ日程ですけど誰が出ても大丈夫なチームだと思っているので、力を合わせて優勝したいです」

(取材・文 片岡涼)
▼関連リンク
ユニバーシアード2011特集ページ

TOP