beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FM新人MF松本翔がデビュー戦で股抜きドリブルも

このエントリーをはてなブックマークに追加
[9・14 ナビスコ杯2回戦第1戦 横浜FM4-0川崎F ニッパ球]

 横浜F・マリノスの新人MF松本翔が公式戦初出場を果たした。4-0の後半41分に投入された松本翔ははいきなり右クロスをゴール前に放り込んだほか、こぼれ球から左足シュートを放つ場面も。さらに最大の武器である足技を駆使して股抜きを含む3人抜きのドリブルも披露。4人目も突破しようと試みてボールをカットされたが、短い出場時間で存在感を発揮した。

「ただのデビュー試合で終わりたくなかった。結果残したかった」という松本翔。結果は次回のチャンスへ持ち越しとなったが、昨年ユースチームからトップチームへの昇格が絶望的だった状況から各大会でゴールを連発してチームに勝利をもたらしてプロへの道を切り開いたアタッカーは再び結果を出して信頼を築いていく。「半年間サポーターの皆さんに力を与えてもらってきました。これからの半年間はボクから力を与えられるように頑張る」。有言実行の19歳が自らのゴールで、アシストでサポーターに力を与える。

(取材・文 吉田太郎)

▼関連リンク
ナビスコ杯2011特設ページ

TOP