beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[国体少年男子]武野谷PK2本セーブ!青森が埼玉撃破!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[10.2 山口国体少年男子1回戦 埼玉0-0(PK2-4)青森 おのだサッカー交流公園]

 第66回国民体育大会「おいでませ!山口国体サッカー競技少年男子1回戦、優勝候補の一角・埼玉と青森との一戦は0-0でもつれ込んだPK戦の末、青森が4-2で勝利。福岡と対戦する2回戦へ進出した。

 注目の実力派対決は青森が制した。0-0で突入したPK戦。青森はGK武野谷稜(青森山田)がビッグセーブでチームを2回戦へと導く。ともに2人が成功して迎えた3人目、先攻・青森のDF八戸雄太(青森山田)が決めたのに対して埼玉MF須藤岳晟(浦和ユース)の正面を突いたシュートを武野谷が身体全体でストップする。これで優位に立った青森は4人目のDF中島優(青森山田)も右へ決めて成功。そして止めれば2回戦進出の決まる埼玉DF齋藤一穂(浦和ユース)のシュートを武野谷が今度は右へ跳んではじき出すと、青森イレブンは殊勲の守護神に駆け寄って喜びを爆発させた。

 埼玉はU-16日本代表MF大山啓輔(大宮ユース)のゲームメークから、ディフェンスラインの背後を突いたサイドアタッカーへのスルーパス、そして左MF広瀬陸斗(浦和ユース)の突破などサイド攻撃を軸にチャンスをつくる。FW関根貴大やFW進昂平(ともに浦和ユース)が再三PAへ迫りながらもゴールが奪えず。FW飯島諒と橋本峻弥(ともに青森山田)の2トップ中心に攻める青森の攻撃を無得点に抑えながらもPK戦で涙を飲んだ。

[写真]青森はPK戦の末に優勝候補撃破
(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
山口国体特集

TOP