beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグ参入戦]大津撃破の神戸U-18「今年一番の目標」プレミアリーグ昇格決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.17 高円宮杯サッカーリーグ参入戦2回戦 神戸U-18 4-1大津高 埼玉第2]

 来季の全国リーグ参入をかけた、高円宮杯U-18サッカーリーグ2011プレミアリーグ参入戦2回戦でプリンスリーグ関西王者のヴィッセル神戸U-18(兵庫)と同九州優勝の大津高(熊本)が対戦。神戸U-18が4-1で実力派対決を制して来季のプレミアリーグ参入を決めた。

 全国リーグでも間違いなく優勝争いに絡んだであろう、ユース年代トップレベルの実力。日本クラブユース選手権準優勝チームの神戸U-18が4発勝利で「ノルマ」を達成した。U-18日本代表のCB植田直通らを擁して九州制覇を成し遂げた大津との一戦。活動量の多いMF井上哲大を先発起用して中盤でプレッシャーをかけた神戸U-18は、MF前田凌佑を中心とした速いパス回しで相手ディフェンスに揺さぶりをかける。

 そして前半5分、FW内田祐介のシュートがクロスバーを叩いた跳ね返りを前田が右クロス。これを井上が頭でゴールへと沈めて先制点を奪う。大津はこの後立て続けに決定機を迎えながらも相手の好守に阻まれると、逆に神戸U-18は井上のヘディングシュートのこぼれ球をU-18日本代表CB岩波拓也が左足で押し込んで2-0とした。

 神戸U-18は野田知監督が「今年一番の目標だった」と明かしたように何より全国リーグ進出にこだわってきた。2点をリードした後半も指揮官が「緊張感を持ってやれていた」と振り返ったが、CB仲島義貴主将と岩波の鉄壁のCBコンビを中心に得点を許さない。そして26分、井上のシュートのこぼれ球を仲島が左足で押し込み3-0。43分には交代出場のMF松村亮が鋭いターンから抜け出してダメ押しの4点目を奪った。

 ロスタイムに大津MF豊川雄太にゴールを許したものの、4-1で「今年一番の目標」を達成。指揮官は来季へ向けて「優勝が目標。狙っていきたい」。実力がありながらも下部のプリンスリーグで1年を送ってきた神戸U-18。この日はチャンピオンシップが開催される隣のメインスタジアムを悔しそうな表情で見つめていたが、来年は悲願の舞台で大暴れする。

(取材・文 吉田太郎)

TOP