beacon

FC東京は湘南に“ウノゼロ”勝利! MF小泉慶弾を守り抜いて5試合ぶり白星で23シーズン終了

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.3 J1第34節 湘南 0-1 FC東京 レモンS]

 J1リーグは3日、各地で最終節を開催した。12位FC東京は敵地で15位湘南ベルマーレと対戦。1-0で勝利した。

 ともに勝利で今シーズンを締めくくりたい。3連勝を狙う湘南と5試合ぶりの白星を目指すFC東京が、レモンガススタジアム平塚で激突した。

 試合は立ち上がりからアウェイチームが攻勢に転じた。FC東京は前半11分、左サイドのMF松木玖生からゴール前にクロスが入ると、こぼれ球をMFアダイウトンがフィニッシュ。豪快に左足を振っていったが、シュートはゴールを捉えることができなかった。

 さらにFC東京は前半12分、FWディエゴ・オリヴェイラが遠めから狙うも、シュートは惜しくも枠の外。同34分には、D・オリヴェイラが個人技でペナルティエリア内に切り込むも、シュートを打たせてもらえなかった。

 湘南は前半35分、左サイドから中央、中央から右サイドとテンポよくパスを繋いで最後はMF岡本拓也がゴール前にボールを転がすも、MF池田昌生のシュートはミートせず。両チームともに決定的なシーンを作ることができず、スコアレスのまま後半へと折り返した。

 後半2分にはFC東京にチャンス。ペナルティエリア内右でボールを受けたD・オリヴェイラが右足のアウトサイドキックでゴール右上の隅を狙ったが、ここはGKソン・ボムグンが体を目いっぱい伸ばして弾き出した。

 前半から攻め立てるも、ゴールが遠いFC東京。それでも同7分に先制点を奪う。最終ラインのDF森重真人から前線にボールが入ると、アダイウトンが収めてタメを作る。インサイドを上がってきたMF小泉慶に預けると、切り込んでそのままゴールに突き刺した。

 1点を追う湘南は交代枠を使いながら反撃を試みる。後半32分には、左サイドでボールを受けた途中出場のMF鈴木淳之介がゴール前にクロス。ファーサイドからDF大岩一貴が飛び込んだが、合わせることができなかった。

 終盤にかけてFC東京は追加点、湘南は同点を目指すもゴールは生まれず。FC東京が1-0で逃げ切り、5試合ぶりの白星を飾った。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2023シーズンJリーグ特集
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

TOP