beacon

札幌が大量4ゴールで10試合ぶり勝利! G大阪は今季最多タイの失点で敗れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌がホームで4-0の快勝

[9.2 J1第26節 札幌 4-0 G大阪 札幌ド]

 J1第26節が2日に行われ、13位北海道コンサドーレ札幌は札幌ドームで11位ガンバ大阪に4-0で勝利した。リーグ戦では10試合ぶりの白星。G大阪は今季最多タイの4失点を喫し、3試合ぶりの敗戦となった。

 ホームの札幌は前半13分に先制。左サイドに流れたFW小柏剛がマイナス方向に持ち出すと、ボールを譲り受けたFWスパチョークがペナルティエリア手前の左から右足でシュートを放つ。巻いたボールがワンバウンドしてゴール右に突き刺さり、2戦連発弾となった。

 後半14分にはMF馬場晴也の縦パスを受けたFW駒井善成が相手との接触で倒れ、こぼれ球を拾った小柏がスピードに乗ってボックス内へ。シュートはGK東口順昭に防がれるも、跳ね返りをスパチョークが右足で押し込み、今季6得点目を挙げた。

 札幌の勢いは止まらない。後半44分、右サイドのMF浅野雄也がクロスを送り、ファーのFWキム・ゴンヒが右足でシュート。GK東口にセーブされたボールを自ら蹴り込み、今季2ゴール目を記録した。

 さらに後半アディショナルタイム2分、ペナルティエリア右に持ち運んだ浅野が左足でシュートを打つと、相手に当たってゴール左へ。浅野のキャリア初の二桁となる今季10点目が生まれ、そのまま札幌が4-0で終了のホイッスルを聞いた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2023シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第26節 スコア速報
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

TOP