beacon

新型コロナ感染のフェライニが退院「心から感謝している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

山東魯能MFマルアン・フェライニ

 新型コロナウイルスに感染して入院していた山東魯能(中国)のMFマルアン・フェライニが自身のインスタグラム(@fellaini)を更新し、退院したことを報告した。

 フェライニは中国スーパーリーグに所属するサッカー選手で初の感染者に。3月20日に中国・済南市で検査を受けて翌日には陽性反応が出たという。同月22日には自身のインスタグラムで病状を報告しつつ、「クラブのケアやファンからのメッセージに感謝します」とコメント。「治療してできる限り早く試合に戻れるようにしたいです。みんなもどうか気をつけて」と伝えていた。

 そして、今月14日にクラブがフェライニの退院を発表。今後、指定された場所で2週間の隔離生活を送ることが併せて発表された。

 なお、フェライニは自身のインスタグラムを更新し、「病院の医療スタッフ、看護スタッフ、そしてクラブ、クラブの医療スタッフに心から感謝している。そして、親切にしてくれ、快適に過ごせるようにしてくれたことに感謝します。僕の辛い時間は終わった。戦い続けましょう、それが一番大事だ」と綴っている。

「ゲキサカ」ショート動画

TOP