beacon

最下位ウエスカが4位ビジャレアルとドローで連敗ストップ…岡崎は4戦ぶり先発復帰

このエントリーをはてなブックマークに追加

4試合ぶりに先発復帰したFW岡崎慎司

[1.23 ラ・リーガ第20節 ウエスカ0-0ビジャレアル]

 FW岡崎慎司の所属する20位ウエスカは23日、ラ・リーガ第20節でホームに4位ビジャレアルを迎え、0-0で引き分けた。リーグ戦の連敗を4で止めたものの、7試合勝ちなし(2分5敗)。岡崎は4試合ぶりにスタメン復帰し、後半12分までプレーした。

 最下位に沈むウエスカは12日、2019年からチームを率いていたミチェル前監督の解任を発表。新指揮官として、昨季にエルチェを1部昇格に導いたパチェタ氏を招聘した。新体制の初陣となった20日の第19節ヘタフェ戦(●0-1)から中2日で迎えた今節は、岡崎が4戦ぶりに先発出場。3-4-2-1の1トップに入った。

 試合は同じく中2日のビジャレアルがボールを握って進めるが、互いにシュートの少ない展開となる。岡崎は味方のフォローがあまりない中で奮闘したが、大きなチャンスが訪れないまま後半12分に途中交代。その後もスコアは動かず、0-0で終了となった。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集

TOP