beacon

レバンドフスキが早くもリーガ2桁得点! 前節クラシコ完敗のバルセロナ、ビジャレアル撃破で首位追走

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWロベルト・レバンドフスキが今季11得点目

[10.20 ラ・リーガ第10節 バルセロナ 3-0 ビジャレアル]

 ラ・リーガ第10節が20日に行われ、2位バルセロナは本拠地カンプ・ノウで7位ビジャレアルに3-0で快勝した。リーグ戦2試合ぶりの白星を手にし、首位レアル・マドリーとの3ポイント差をキープしている。

 前節のレアルとのエル・クラシコを1-3で落とし、首位陥落となったバルセロナ。前半25分にビジャレアルDFアルフォンソ・ペドラサがアクシデントでDFホアン・モヒカとの交代を余儀なくされると、同31分に先制した。

 MFペドリのスルーパスから左サイドのDFジョルディ・アルバが背後を突き、ワンタッチで折り返すと、ゴール前のFWロベルト・レバンドフスキが軸足の裏を通す後方へのトラップでGKや複数のDFを翻弄。振り向きざまに右足で蹴り込み、リーグ戦3試合ぶりとなる今季10得点目を挙げた。

 前半35分にはカウンターからレバンドフスキがMFガビのパスを受け、コントロールから右足でミドルシュート。ゴール右に突き刺し、追加点を奪った。これで得点ランキング首位を独走する今季11ゴール目。公式戦では14試合16得点となった。

 さらに前半38分、ガビからボールを受けたFWフェラン・トーレスがペナルティエリア内右でのドリブルから中央へパスを送り、FWアンス・ファティが反応。一度は右ポストに当たるも、跳ね返りを自ら押し込み、今季2点目をマークした。

 後半はスコアが動かず、3-0のままバルセロナが逃げ切りに成功。公式戦では3試合ぶりの勝利となった。

●ラ・リーガ2022-23特集

TOP