beacon
TOP > PICK UP記事詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツ代表
(17大会連続19回目)

■ロシアW杯日程
06/17 ●0-1 メキシコ [モスクワ/ルジニキ]
06/23 27:00 スウェーデン [ソチ]
06/27 23:00 韓国 [カザン]
★2018W杯ロシア大会特集ページ

■ドイツ代表最新メンバー※18/6/4発表
(ロシアW杯メンバー)

▽GK
1 マヌエル・ノイアー(バイエルン)
12 ケビン・トラップ(パリSG)
22 マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)

▽DF
2 マービン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
3 ヨナス・ヘクター(ケルン)
4 マティアス・ギンター(ボルシアMG)
5 マッツ・フンメルス(バイエルン)
15 ニクラス・ズーレ(バイエルン)
16 アントニオ・リュディガー(チェルシー)
17 イェロメ・ボアテング(バイエルン)
18 ジョシュア・キミッヒ(バイエルン)

▽MF
6 サミ・ケディラ(ユベントス)
7 ユリアン・ドラクスラー(パリSG)
8 トニ・クロース(R・マドリー)
10 メスト・エジル(アーセナル)
13 トーマス・ミュラー(バイエルン)
14 レオン・ゴレツカ(シャルケ)
19 セバスティアン・ルディ(バイエルン)
20 ユリアン・ブラント(レバークーゼン)
21 イルカイ・ギュンドガン(マンチェスター・C)

▽FW
9 ティモ・ベルナー(ライプツィヒ)
11 マルコ・ロイス(ドルトムント)
23 マリオ・ゴメス(シュツットガルト)

■監督
ヨアヒム・レーブ
(ドイツ)1960.2.3

■ドイツ代表チーム紹介
「誰を選ぶか」より「誰を捨てるか」――。就任12年目を迎えるヨアヒム・レーブ監督は、大いに頭を悩ませたのではなかろうか。エース候補FWサンドロー・ワーグナーを予備登録にとどめ、プレミア王者で大ブレイクのFWリロイ・サネが最後の最後で落選。もっとも、世代交代は怠っていない。前回大会制覇を経験した選手はわずか9人だけが残った。
 目指すは、かつてブラジルのみ成し遂げたW杯連覇だ。DFマッツ・フンメルス、DFイェロメ・ボアテングが支える最終ラインに、MFサミ・ケディラ、MFトニ・クロースの中盤は実績十分。懸念材料の最前線には新進気鋭のFWティモ・ベルナーがおさまり、戦術遂行能力の高いDFヨシュア・キミッヒが中心選手に。負傷を抱えるGKマヌエル・ノイアー、MFメスト・エジルの状態は気がかりだが、快挙を成す準備は十分に整っている。

■ドイツ代表チームデータ
W杯過去最高成績:優勝4回(1954、1974、1990、2014年)
EURO過去最高成績:優勝3回(1972、1980、1996年)

■ドイツ代表の過去のW杯成績
1930年:(不参加)
1934年:3位
1938年:1回戦敗退
1950年:(不参加)
1954年:優勝
1958年:ベスト4
1962年:ベスト8
1966年:準優勝
1970年:3位
1974年:優勝
1978年:ベスト8
1982年:準優勝
1986年:準優勝
1990年:優勝
1994年:ベスト8
1998年:ベスト8
2002年:準優勝
2006年:3位
2010年:3位(★大会メンバーリスト)
2014年:優勝(★大会メンバーリスト)

■ドイツ代表の過去のEURO本大会成績
1960年:(不参加)
1964年:(不参加)
1968年:(予選敗退)
1972年:優勝
1976年:準優勝
1980年:優勝
1984年:グループリーグ敗退
1988年:ベスト4
1992年:準優勝
1996年:優勝
2000年:グループリーグ敗退
2004年:グループリーグ敗退
2008年:準優勝
2012年:ベスト4(★大会メンバーリスト)
2016年:ベスト4(★大会メンバーリスト)

※成績はすべて西ドイツ時代を含む

TOP