beacon
TOP > PICK UP記事詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国代表
(9大会連続10回目)

■ロシアW杯日程
06/18 ●0-1 スウェーデン [ニジニ・ノブゴロド]
06/23 24:00 メキシコ [ロストフ・ナ・ドヌ]
06/27 23:00 ドイツ [カザン]
★2018W杯ロシア大会特集ページ

■韓国代表最新メンバー※18/6/4発表
(ロシアW杯メンバー)

▽GK
1 キム・スンギュ(神戸)
21 キム・ジンヒョン(C大阪)
23 チョ・ヒョンウ(大邱FC)

▽DF
2 イ・ヨン(全北現代)
3 鄭昇炫(鳥栖)
4 オ・バンソク(済州ユナイテッド)
5 ユン・ヨンソン(城南FC)
6 パク・チュホ(蔚山現代)
12 金民友(尚州尚武)
14 ホン・チョル(尚州尚武)
19 キム・ヨングォン(広州恒大)
20 チャン・ヒョンス(FC東京)
22 コ・ヨハン(FCソウル)

▽MF
8 チュ・セジョン(牙山ムグンファ)
10 イ・スンウ(ベローナ)
13 ク・ジャチョル(アウクスブルク)
15 チョン・ウヨン(神戸)
16 キ・ソンヨン(スウォンジー)
17 イ・ジェソン(全北現代)
18 ムン・ソンミン(仁川ユナイテッド)

▽FW
7 ソン・フンミン(トッテナム)
9 キム・シンウク(全北現代)
11 ファン・フィチャン(ザルツブルク)

■監督
シン・テヨン
(韓国)1969.04.11

■韓国代表チーム紹介
 W杯最終予選残り2試合でウリ・シュティーリケ監督を解任し、五輪代表で結果を出していたシン・テヨン氏を新監督を据えるなど、混乱を極めた韓国。残り2試合を辛くも引き分け、かろうじて2位をキープして9大会連続の出場権を獲得した。
 ただ一時の低迷から脱しつつある。昨年11月のコロンビア戦で新体制初勝利を挙げると、同12月のE-1選手権では日本を圧倒して優勝。5月末から親善試合4試合を組むなど、最終調整に余念はない。
 メンバーを見るとJリーグでプレーする5選手を選出。DF金民友やDFキム・ヨングォンといったかつてJリーグで活躍した選手もいることから、日本のサッカーファンにも馴染み深い。
 あとはやはり“死の組”をどう乗り切るかだろう。第2戦でメキシコ、第3戦でドイツと対戦することを考えれば、初戦のスウェーデン戦は絶対に落とせない。ここの戦いがすべてを握っているといっても過言ではない。

■韓国代表チームデータ
W杯過去最高成績:4位(2002年)
アジア杯過去最高成績:優勝2回(1956、1960年)

■韓国代表の過去のW杯成績
1930年:(不参加)
1934年:(不参加)
1938年:(不参加)
1950年:(不参加)
1954年:グループリーグ敗退
1958年:(不参加)
1962年:(予選敗退)
1966年:(不参加)
1970年:(予選敗退)
1974年:(予選敗退)
1978年:(予選敗退)
1982年:(予選敗退)
1986年:グループリーグ敗退
1990年:グループリーグ敗退
1994年:グループリーグ敗退
1998年:グループリーグ敗退
2002年:4位
2006年:グループリーグ敗退
2010年:ベスト16(★大会メンバーリスト)
2014年:グループリーグ敗退(★大会メンバーリスト)

■韓国代表の過去のアジア杯本大会成績
1956年:優勝
1960年:優勝
1964年:3位
1968年:(予選敗退)
1972年:準優勝
1976年:(予選敗退)
1980年:準優勝
1984年:グループリーグ敗退
1988年:準優勝
1992年:(予選敗退)
1996年:ベスト8
2000年:3位
2004年:ベスト8
2007年:3位
2011年:3位(★大会メンバーリスト)
2015年:準優勝(★大会メンバーリスト)

TOP