beacon
TOP > PICK UP記事詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
スウェーデン代表

■EURO予選日程
03/23 ○2-1 ルーマニア(H)
03/26 △3-3 ノルウェー(A)
06/07 ○3-0 マルタ(H)
06/10 ●0-3 スペイン(A)
09/05 27:45 フェロー諸島(A)
09/08 27:45 ノルウェー(H)
10/12 27:45 マルタ(A)
10/15 27:45 スペイン(H)
11/15 28:45 ルーマニア(A)
11/18 28:45 フェロー諸島(H)
★EURO2020予選特集

■スウェーデン代表最新メンバー※19/03/13発表
(03/23EURO予選vsルーマニア、03/26EURO予選vsノルウェー)

▽GK
カール・ヨハン・ヨーンソン(ギャンガン)
クリストファー・ノルフェルト(スウォンジー)
ロビン・オルセン(ローマ)

▽DF
ルドウィグ・アウグスティンソン(ブレーメン)
アンドレアス・グランクビスト(ヘルシンボリ)
フィリップ・ヘランデル(ボローニャ)
ポントゥス・ヤンソン(リーズ)
エミル・クラフト(アミアン)
ミカエル・ルスティグ(セルティック)
ビクトル・リンデレフ(マンチェスター・U)

▽MF
ビクトル・クラーソン(クラスノダール)
ジミー・ドゥルマズ(トゥールーズ)
アルビン・エクダル(サンプドリア)
エミル・フォルスベリ(ライプツィヒ)
ヤコブ・ヨハンソン(レンヌ)
セバスティアン・ラーション(AIK)
クリストファー・オルソン(クラスノダール)
ロビン・クアイソン(マインツ)
ケン・セマ(ワトフォード)
グスタフ・スベンソン(シアトル・サウンダーズ)

▽FW
セバスティアン・アンデション(ウニオン)
マルクス・ベリ(アルアイン)
アレクサンデル・イサク(ビレム)
サム・ラーション(フェイエノールト)

■監督
ヤン・アンデション
(スウェーデン)1962.9.29

■スウェーデン代表チーム紹介
 “ポスト・ズラタン”――。1958年大会で準優勝に輝いた北欧の雄は大変革に直面している。10年間以上にわたり、絶対的エースに君臨してきたFWズラタン・イブラヒモビッチが2016年に代表引退。きわめて大きな空白が生まれてしまった。だが、多大な影響力を誇る世界的スターの穴は簡単に埋まるものではなく、まったく異なるのチームを組み上げている最中にある。
 そこで拠りどころとなったのが伝統の堅守速攻だ。フランス、オランダと同組の欧州予選では10試合でわずか9失点。グループ2位の座を死守すると、プレーオフではイタリア相手に“カテナチオ”顔負けのウノゼロ勝利を遂げ、常連2か国を本大会から葬り去った。昨季ブンデスアシスト王のMFエミル・フォルスベリ、本大会中に代表100キャップを迎えるであろうMFセバスティアン・ラーションら好選手もそろえており、“還暦”ぶりのサプライズを演じる用意はできている。

■スウェーデン代表チームデータ
W杯過去最高成績:準優勝(1958年)
EURO過去最高成績:ベスト4(1992年)

■スウェーデン代表の過去のW杯成績
1930年:(不参加)
1934年:ベスト8
1938年:4位
1950年:3位
1954年:(予選敗退)
1958年:準優勝
1962年:(予選敗退)
1966年:(予選敗退)
1970年:グループリーグ敗退
1974年:2次リーグ敗退
1978年:グループリーグ敗退
1982年:(予選敗退)
1986年:(予選敗退)
1990年:グループリーグ敗退
1994年:3位
1998年:(予選敗退)
2002年:ベスト16
2006年:ベスト16
2010年:(予選敗退)
2014年:(予選敗退)

■スウェーデン代表の過去のEURO本大会成績
1960年:(不参加)
1964年:(予選敗退)
1968年:(予選敗退)
1972年:(予選敗退)
1976年:(予選敗退)
1980年:(予選敗退)
1984年:(予選敗退)
1988年:(予選敗退)
1992年:ベスト4
1996年:(予選敗退)
2000年:グループリーグ敗退
2004年:ベスト8
2008年:グループリーグ敗退
2012年:グループリーグ敗退(★大会メンバーリスト)
2016年:グループリーグ敗退(★大会メンバーリスト)

TOP