beacon
このエントリーをはてなブックマークに追加
メキシコ代表
(8大会連続17回目)

■カタールW杯日程
11/22 △0-0 ポーランド [ドーハ/974]
11/26 ●0-2 アルゼンチン [ルサイル]
11/30 ○2-1 サウジアラビア [ルサイル]

■メキシコ代表最新メンバー
※22/11/14発表(カタールW杯メンバー)

▽GK
1 アルフレド・タラベラ(フアレス)
12 ロドルフォ・コタ(クラブ・レオン)
13 ギジェルモ・オチョア(クラブ・アメリカ)

▽DF
2 ネストル・アラウホ(クラブ・アメリカ)
3 セサル・モンテス(モンテレイ)
4 エドソン・アルバレス(アヤックス)
5 ヨハン・バスケス(クレモネーゼ)
6 ヘラルド・アルテアガ(ゲンク)
15 エクトル・モレーノ(モンテレイ)
19 ホルヘ・サンチェス(アヤックス)
23 ヘスス・ガジャルド(モンテレイ)
26 ケビン・アルバレス(パチューカ)

▽MF
7 ルイス・ロモ(モンテレイ)
8 カルロス・ロドリゲス(クルス・アスル)
14 エリック・グティエレス(PSV)
16 エクトル・エレーラ(ヒューストン・ダイナモ)
18 アンドレス・グアルダード(ベティス)
24 ルイス・チャベス(パチューカ)

▽FW
9 ラウール・ヒメネス(ウォルバーハンプトン)
10 アレクシス・ベガ(グアダラハラ)
11 ロヘリオ・フネス・モリ(モンテレイ)
17 オルベリン・ピネダ(AEKアテネ)
20 エンリ・マルティン(クラブ・アメリカ)
21 ウリエル・アントゥナ(クルス・アスル)
22 イルビング・ロサノ(ナポリ)
25 ロベルト・アルバラード(グアダラハラ)

■監督
ヘラルド・マルティーノ
(アルゼンチン)1962.11.20

■メキシコ代表チーム紹介
 北中米カリブ海予選を2位で通過し、8大会連続17回目の出場を果たした。W杯では1994年大会以降、7大会連続でベスト16に進出している。昨年の東京五輪でも3位決定戦で日本を倒して銅メダルを獲得するなど、国際舞台で勝負強さを発揮する曲者だ。
 その東京五輪にオーバーエイジ枠として参加し、今回のW杯が5度目となるGKギジェルモ・オチョアを筆頭に、MFアンドレス・グアルダード、FWラウール・ヒメネス、FWイルビング・ロサノ、MFエドソン・アルバレスなど、攻守にタレントを揃える。
 アルゼンチン人のヘラルド・マルティーノ監督の下、個々のテクニックと組織力が融合したパスサッカーを展開し、自国開催だった1970年、1986年大会に続く3度目のベスト8入りを目指す。

■メキシコ代表チームデータ
W杯過去最高成績:ベスト8(1970、1986年)
ゴールドカップ過去最高成績:優勝10回(1965、1971、1977、1993、1996、1998、2003、2009、2011、2015年)

■メキシコ代表の過去のW杯成績
1930年:グループリーグ敗退
1934年:(予選敗退)
1938年:(不参加)
1950年:グループリーグ敗退
1954年:グループリーグ敗退
1958年:グループリーグ敗退
1962年:グループリーグ敗退
1966年:グループリーグ敗退
1970年:ベスト8
1974年:(予選敗退)
1978年:グループリーグ敗退
1982年:(予選敗退)
1986年:ベスト8
1990年:(予選失格)
1994年:ベスト16
1998年:ベスト16
2002年:ベスト16
2006年:ベスト16
2010年:ベスト16(★大会メンバーリスト)
2014年:ベスト16(★大会メンバーリスト)
2018年:ベスト16(★大会メンバーリスト)

■メキシコ代表の過去のゴールドカップ成績
1963年:グループリーグ敗退
1965年:優勝
1967年:準優勝
1969年:4位
1971年:優勝
1973年:3位
1977年:優勝
1981年:3位
1985年:(不参加)
1989年:(失格)
1991年:3位
1993年:優勝
1996年:優勝
1998年:優勝
2000年:ベスト8
2002年:ベスト8
2003年:優勝
2005年:ベスト8
2007年:準優勝
2009年:優勝
2011年:優勝
2013年:ベスト4
2015年:優勝
2017年:ベスト4
2019年:優勝
2021年:準優勝

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2022W杯カタール大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2022W杯カタール大会日程&TV放送

TOP