beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ケディラ、代理人がPSGと接触

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーグアン王者への移籍に関心か

 レアル・マドリーMFサミ・ケディラに、スペインを去る可能性が浮上している。フランス『RMC』によれば、同選手の代理人がパリ・サンジェルマン(PSG)とコンタクトを取っているようだ。

 ケディラは、マドリーがMFアシエル・イジャラメンディを獲得し、レンタル中だったMFカセミロの買取オプション行使とトップチームへの昇格を決め、中盤での定位置確保が危ぶまれている。恩師のジョゼ・モウリーニョ監督が就任したチェルシーの関心もあったが、その後の進展は報じられていない。

『RMC』によれば、その状況に選手の代理人が動き出したとのこと。PSGと接触を図り、ケディラの移籍を打診した模様だ。一方で、PSGが中盤の補強として優先的に狙っているのはニューカッスルに所属するフランス代表MFヨアン・カバイェだということも伝えられている。

 ケディラ獲得の可能性は、ニューカッスルとの交渉次第となりそうだ。スペイン『マルカ』などによれば、マドリ―のカルロ・アンチェロッティ監督は同選手をチームに残す希望だが、クラブは魅力的なオファーがあれば売却も検討するという。

▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2013-14特集
2013-14シーズン欧州移籍情報
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP