beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアルMFケディラが半年ぶりに招集メンバー入り

このエントリーをはてなブックマークに追加

 レアル・マドリーは4日のリーガ・エスパニョーラ第36節でバレンシアと対戦する。この試合でMFサミ・ケディラが約半年ぶりの招集メンバー入りを果たした。

 ケディラは昨年11月15日、ドイツ代表として出場したイタリア代表との国際親善試合で右膝前十字靭帯断裂の重傷を負い、長期離脱を強いられた、長いリハビリ生活を経て、4月中旬から練習に合流していた。

 レアルで最後に出場したのは昨年11月9日のソシエダ戦。176日ぶりの招集メンバー入りを果たしたMFについてカルロ・アンチェロッティ監督は「ケディラには注意しなければいけない。回復状況はとてもよく、復帰も早かったし、調子もいい。彼はプレーする必要がある。明日はベンチスタートになるだろう。来週、彼がリズムをつかめるように、練習試合を予定している」と説明している。


▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2013-14特集

TOP