beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[総体]【特別企画】“ユース教授”安藤隆人氏推薦の大会注目選手(西日本編)「“野洲らしい”選手が出てきた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成26年度全国高校総体「煌(きら)めく青春 南関東総体2014」サッカー競技
“ユース教授”安藤隆人氏推薦の大会注目選手(西日本編)


 九州だけなく、中国、四国、関西にもタレントがいます。中国、四国地方で最初に名前を挙げたいのは作陽高伊藤涼太郎。テクニックは間違いなくあります。彼の良さは何よりはたいてからグッと前に上がれるところ。ワンツーリターンでバイタルエリアを攻略したり、狭いエリアでも突破できる選手で、作陽では今トップ下をやっているんですけど攻撃の全権を握っています。この2年生司令塔には注目してほしいですし、作陽にはもうひとり、後半途中から入ってくる原口(知土)も面白いです。原口はちょっと“変態的”な選手なんですけどドリブルもできるし、迷わず仕掛けられる。作陽は伊藤、原口の2年生コンビに注目してほしいです。

 ほかにも立正大淞南高石丸(正太郎)中島(隆司)米子北高定本(佳樹)君垣(隆義)、そして広島皆実高藤原(大輔)横路(翔太)と注目の存在がいます。立正大淞南の2人については、このチームの選手は縦へのスプリントとボールを運ぶ力がないと通用しません。2人はボールを運ぶ力がありますし、立正大淞南のサッカーを表現する選手だと思います。

 定本と君垣は堅守速攻の米子北スタイルの中でこの2人がする働きを見てもらいたい。君垣なんてすごく小さいんですけど、俊敏性があって相手の嫌なところに入ってくる。定本、君垣までつないで彼らが崩していく。彼ら2人が仕留め役のショートカウンターは全国トップレベルです。

 藤原と横路については広島皆実の安定したサッカーを攻守で支えているのが彼ら。トップ下の横路は動きながらのボールの受け方が素晴らしいです。加えてスピードもあるので裏へ飛び出せるし、対角線のパスも出せる。そしてドリブルでのビルドアップもできる気の利く選手。CBの藤原はフィードが素晴らしい。30mのミドルパスを出して「堅守強攻」の起点となるので見てもらいたいです。

 四国で最注目の選手は徳島市立高辻(拓也)。1年生から出ていて高さもある。徳島市立復権に彼は欠かせないと思います。

 関西は大阪桐蔭高京都橘高野洲高と個性的な選手が揃っています。中でも関西ナンバー1ののタレントは大阪桐蔭の久保田(和音)だと思います。彼は去年から出ているんですけど、気が利くし、技術もしっかりしているし、前にもボールを運べますし、ボランチ、サイドハーフ、トップ下の中で本職のポジションがどこなのかはこれからだと思いますけど、間違いなくプロが好むトータルアベレージの高い選手だと思います。

 京都橘の中野(克哉)はドリブル。彼は自分のスタイルを持っています。俊敏な動き、そしてシュートもある。どこまでフルに力を出せるかが京都橘が勝つためのポイントになると思いますし、彼にパスを配球する志知(大輝)の役割もこのチームの中では重要です。守備力が高くて相手のエースに必ず寄せてくる。危険なところに必ず顔を出してくるので、彼のボール奪取力はぜひ見て欲しいですね。

 そして最後に野洲にボクの期待している1年生がいます。久々に“野洲らしい”選手が出てきたと思います。山元(壮太郎)クン、1年生。彼は上手くて冷静。状況を見ながらバックスピン掛けたり、間に入れたり、貯めたりする。傍から見ると相手をおちょくっているかのようにワンテンポ貯めてから、マークをずらしてスパーンとスルーパスを出す。このセンスは素晴らしいし、野洲は2年生の林(雄飛)もそのセンスは長けている。山元、林の1、2年生コンビはぜひ見てもらいたいです。

[写真]安藤氏が期待の存在として名を挙げる野洲・山元


▼関連リンク
【特設ページ】高校総体2014

TOP