beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[クラブユース選手権U-18]サッカーライター・森田将義氏によるグループE、F展望「グループEで楽しみな存在、F東京U-18」

このエントリーをはてなブックマークに追加

adidas CUP 2014
第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会


 adidas CUP 2014 第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会)が7月24日に開幕する。主にユース年代を取材するサッカーライター、森田将義氏による大会展望2日目はグループE、FとグループG、Hの2本です。

 グループEはFC東京U-18が面白そうだ。今年から横浜フリューゲルスなどで活躍し、引退後はサンフレッチェ広島ユースで森山佳郎前監督の参謀を務めた佐藤一樹氏を監督に迎えた。システムは広島ユースを彷彿させる3-4-3を採用。DF大西拓真を中心とした3バックが手堅さを見せ、舵取り役のMF高橋宏季を起点に、MF長澤皓祐蓮川雄大ら2列目が仕掛ける攻撃も迫力十分。プリンスリーグ関東で首位をキープするなど結果も出ており、楽しみな存在だ。

 対抗はヴィッセル神戸U-18だ。「今年は相手から警戒され、厳しい一年になると思う」という野田知監督の予想に加えて怪我人も多く、プレミアリーグWESTで苦戦が続いた。しかし、主力の復帰と共に復調傾向にある。MF中井英人を中心としたポゼッションサッカーにDF藤谷壮山口真司、FW米澤令衣ら個の仕掛けを交えたスタイルは力十分だ。トップ同様の3-4-3を採用する愛媛FCユースはMF忽那喬司、FW清川流石ら攻撃陣にタレントが揃う。初出場のA.C AZZURRI YOUTHは下級生主体で厳しい戦いが予想されるが、奮闘に期待したい。

 三つ巴が予想されるのがグループF。まず一番手はJFAアカデミー福島U18を挙げたい。福島から静岡へ活動拠点を移し、クラ選初挑戦で初出場を決めた。競り合いに強いCB金城ジャスティン俊樹、左サイドからの果敢な仕掛けが光るDF高森大夢、3列目からの飛び出しでアクセントを加えるMF瀬川泰樹ら実力者を揃える。

 これに続くのがヴァンフォーレ甲府U-18アビスパ福岡U-18だ。U-15年代の主要大会の一つである「デベロップカップ」を制したメンバーが高校3年生となった甲府U-18はMF伊藤駿、小林岩魚、FW遠山拓民と攻撃陣にタレントが揃う。無事に激戦区・関東を通過しただけに、今大会でもグループ突破は有りえるだろう。福岡U-18もGK川島大輝、MF野中優之介、FW町田蘭次郎と要所にタレントが並ぶだけでなく、トップチームの練習に参加したMF冨安健洋、FW崎村祐丞という期待のルーキーもいる。群馬での躍動に期待したい。関西予選を大量得点で勝ち抜いたセンアーノ神戸ユースは突破力が光るMF平谷成矢ら攻撃陣が全国でも通用するかがポイントとなりそうだ。

[写真]F東京U-18は蓮川らが迫力十分の攻撃を繰り出す


執筆者紹介:森田 将義(もりた・まさよし)
1985年、京都府生まれ。路頭に迷っていたころに放送作家事務所の社長に拾われ、10代の頃から在阪テレビ局で構成作家、リサーチとして活動を始める。その後、2年間のサラリーマン生活を経て、2012年から本格的にサッカーライターへと転向。主にジュニアから大学までの育成年代を取材する。ゲキサカの他、エル・ゴラッソ、サッカーダイジェストなどに寄稿している。
▼関連リンク
【特設ページ】第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会

TOP