beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

加入2年目での初先発、千葉DF田代「スタメンで出ることを欲していた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[5.17 J2第14節 千葉 1-1 金沢 フクアリ]

 加入2年目を迎え、リーグ戦で初の先発出場を飾った。待ちに待った舞台。しかし、ジェフユナイテッド千葉DF田代真一は、スコアレスで迎えた後半14分にピッチを後にすることになった。

 ここ数試合で田代の役割は決まっていた。リードを奪った終盤に中盤へ投入され、相手GKまで追い掛ける精力的なチェイシングで守備を締めてチームの逃げ切りに貢献する。しかし、金沢戦ではスターティングメンバーに名を連ねてキックオフの瞬間を迎えた。「スタメンで出る事を自分が欲していたし、個人として結果を残したかったので、何かやってやろうという気持ちがあった」と相当の意気込みを持って試合に臨んでいた。

 しかし、本職ではない右SBでの起用ということもあり、「慎重になり過ぎたし、バランスのことを考え過ぎてしまったところはあります」と思ったように試合に入れなかったと話すと、「もっとボールに絡まないといけなかったし、攻撃の起点になるようなプレーをしなければいけませんでした」と効果的なパスを配球できなかったことを反省した。

 待ちに待ったはずの先発の舞台は、後半14分に交代を命じられたことで幕を閉じる。「不完全燃焼なのは、もちろんあります」と悔しさを滲ませながらも、「次、また1分でも出場機会がもらえるときに、今まで以上のパフォーマンスを出せるように練習からやっていくしかありません」とすぐさま気持ちを切り替えようと視線を上に向けた。

 次の試合では先発で出場できる保証はどこにもない。「当然、先発で出たい気持ちはあります」と先発へのこだわりを示しながらも、「ただ、先発だろうと途中出場だろうと、どこのポジションで試合に出ようとも、ちゃんとゲームの状況や流れを見て、しっかりチームのために走らなければいけません」といつ、どのポジションで試合にでようとも、与えられた時間でチームのために働くことが重要だと強調した。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
[J2]第14節 スコア速報

TOP