beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ユニバ]浦和内定GK福島が止めた!!PK戦の末にブラジル下し、2大会連続の銅メダル獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

 第28回ユニバーシアード競技大会・光州大会の3位決定戦が13日に行われ、ユニバーシアード日本代表はブラジル代表と対戦し、0-0で迎えたPK戦の末にPK7-6で勝利した。2大会連続の銅メダルを獲得。来季の浦和レッズ入団が内定しているGK福島春樹(専修大4年=静岡学園高)がPKストップの活躍をみせた。

 中1日の連戦で迎えた最後の試合。銅メダル獲得を目指すチームは、準決勝のイタリア戦の先発から9名を変更。DF湯澤聖人(流通経済大4年=流通経済大柏高)とDF萩間大樹(専修大4年=川崎F U-18)のみが連続出場となった。1トップをFW呉屋大翔(関西学院大4年=流通経済大柏高)が務めた。

 試合は0-0で進み、互いにゴールはならず。後半15分に日本は‍MF八久保颯(阪南大4年=秀岳館高)に代えて、FW澤上竜二(大阪体育大4年=飛龍高)を投入。強力ストライカーを入れ、前線を活性化させようとするも得点は生まれない。0-0で90分間を終え、2戦連続のPK戦へ臨むことになった。

 先攻のブラジル、後攻の日本とともに一人も外さずにサドンデスへ突入。するとブラジルの7人目、MFディアス・ドス・サントス・アラウージョ・アドリアーノのシュートは福島がしっかりストップしてみせた。

 そして、決めれば勝利が決まる日本の7人目のキッカーは守護神・福島。冷静にシュートを決め、この瞬間に日本の勝利と銅メダル獲得が決まった。金メダル獲得はならなかったものの、2大会連続の3位で大会を終えている。

出場メンバーは以下のとおり

■先発
▽GK
1 福島春樹(専修大4年=静岡学園高)
▽DF
2 湯澤聖人(流通経済大4年=流通経済大柏高)
3 萩間大樹(専修大4年=川崎F U-18)
4 田上大地(流通経済大4年=流通経済大柏高)
12 室屋成(明治大3年=青森山田高)
▽MF
7 小林成豪(関西学院大4年=神戸U-18)
84分→10 長谷川竜也(順天堂大4年=静岡学園高)
8 和泉竜司(明治大4年=市立船橋高)
14 松下佳貴(阪南大4年=松山工高)
15 木本恭生(福岡大4年=静岡学園高)
18 八久保颯(阪南大4年=秀岳館高)
60分→9 澤上竜二(大阪体育大4年=飛龍高)
▽FW
13 呉屋大翔(関西学院大4年=流通経済大柏高)

■控え
▽GK
20前川黛也(関西大3年=広島皆実高)
▽DF
5 新井一耀(順天堂大4年=清水商)
6 高橋諒(明治大4年=国見高)
16奧山政幸(早稲田大4年=名古屋U18)
▽MF
17 端山豪(慶應義塾大4年=東京Vユース)
19 重廣卓也(阪南大2年=広島皆実高)
▽FW
11 岡佳樹(桃山学院大3年=東山高)


●ユニバーシアード競技大会2015特集

TOP