beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

C・ロナウドは“スタート地点”なのに…止まらないメッシ、5戦9発で得点王レース独走

このエントリーをはてなブックマークに追加

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドバルセロナFWリオネル・メッシ

[9.19 リーガ・エスパニョーラ第5節 バルセロナ6-1エイバル]

 19日に行われたリーガ・エスパニョーラ第5節でMF乾貴士が所属するエイバルと対戦したバルセロナは6-1で快勝した。FWリオネル・メッシは今季2度目となるハットトリックを達成するなど4得点を記録して、今季のゴール数を9に伸ばした。

 まずは前半21分、DFネウソン・セメドがPA内で倒されて得たPKをきっちりと沈めて1点目。そして後半14分、MFアンドレス・イニエスタ、MFセルヒオ・ブスケツとつないだボールからPA内に持ち込むと、相手選手3人に囲まれながらもタイミングをずらした左足の優しいタッチからの“ゴールへのパス”で2点目を記録する。

 勢いに乗ったエースは後半17分、左サイドから運ぶと、MFパウリーニョに預けて自身は加速。PA内でリターンパスを呼び込むと、相手選手に体を当てられながらも左足でゴールにねじ込み、ハットトリックを達成。さらに同42分にはDFアレイシ・ビダルとのワンツーからネットを揺らし、今季初の4得点を記録した。

 第2節アラベス戦で今季初ゴールを奪ったメッシは、同試合で2得点を記録。続く第3節エスパニョール戦ではハットトリックを達成しており、第5節で早くもハットトリックは今季2度目に。5試合9得点のゴール量産で、得点王レースを独走している。なお、2位につけるセルタFWマキシ・ゴメスは4試合4得点となっている。

 ライバルとなるレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドは、8月13日のスペインスーパー杯第1戦バルセロナ戦の退場で5試合の出場停止を受け、リーガ第4節ソシエダ戦まで出場なし。今節ベティス戦での復帰予定だが、メッシに大きく差をつけられた状態でのスタートとなる。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

TOP