beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“神童”ワンマンショー! 小林祐希のヘーレンフェーン、4発ゴールラッシュで2か月ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールラッシュの主役を演じたMFマルティン・エーデゴーア

[11.18 エールディビジ第12節 トゥエンテ0-4ヘーレンフェーン]

 エールディビジ第12節が18日に行われ、MF小林祐希の所属するヘーレンフェーンは敵地でトゥエンテと対戦し、4-0で勝利した。開幕12試合連続スタメンの小林はフル出場。9月23日の第6節ビレム戦(2-1)以来、リーグ戦5試合ぶりの白星に貢献している。

 5試合未勝利(1分4敗)と調子を落としていたヘーレンフェーンだったが、“ノルウェーの神童”ことMFマルティン・エーデゴーアが魅せた。

 レアル・マドリーから期限付き移籍中の18歳MFは前半24分、小林とのパス交換からFWレザ・グーチャンネジャドに絶妙なスルーパスを供給。PA内右にフリーで抜け出したグーチャンネジャドが狙い澄まして左足で打ったシュートは相手GKに止められるが、これで獲得した左CKからスコアが動いた。

 前半24分にキッカーのFWネマニア・ミハイロビッチがショートコーナーからエーデゴーアのリターンを受け、右足でクロス。ニアに飛び込んだDFダニエル・ヘーフが反時計回りに回転しながら背を向けて右の足先で合わせると、浮き球がゴール右へと吸い込まれた。

 前半43にはエーデゴーアが左足で右サイドへ展開し、駆け上がって受けたDFデンゼル・ダンフリースがPA内右から折り返す。相手DFにクリアされるも、そのボールの行き先にいたMFミヘル・フラープが右足で豪快にゴール右へ蹴り込んだ。

 ヘーレンフェーンは2-0で前半を折り返し、後半もエーデゴーアを中心にチャンスを量産していく。後半16分、MFスタイン・スハールスが前線にスルーパスを送り、グーチャンネジャドが反応。PA外に飛び出した相手GKに蹴り出されるが、こぼれ球を拾ったエーデゴーアがガラ空きのゴールに左足で流し込み、リードを3点に広げた。

 ゴールラッシュの締めくくりは後半42分。左サイドのDFドーケ・シュミットが送ったロングパス1本で最終ラインを崩し、相手DFと並走しながらPA内左に進入したFWヘンク・フェールマンが左足でシュートを放つ。相手GKの股を抜いてネットを揺らし、ヘーレンフェーンが4-0の快勝を飾った。

●海外組ガイド

TOP