beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

高体連GKで唯一のJ内定、市船の大型GK長谷川「勝たせるキーパーに」と水戸での活躍誓う

このエントリーをはてなブックマークに追加

終盤には攻撃参加したが県予選敗退が決まった市立船橋高GK長谷川凌(3年)

[11.23 選手権千葉県予選決勝 流通経済大柏高2-1市立船橋高 フクアリ]

 高体連チームのゴールキーパーで唯一、来季のJクラブ加入が決まっている市立船橋高GK長谷川凌(3年)は決勝での敗戦後、「負けた原因は自分だと思っている」と自らを責めた。悔しさのあまり反省ばかりが口をついて出たが、この経験をバネにプロサッカー選手としてのスタートラインに立つ。

 流通経済大柏高との決勝に臨んだ市立船橋は前半12分、左サイドからのクロスに飛び込んだ長谷川の手をボールがかすめ、こぼれ球から先制を許す。「スリッピーなピッチでボールが伸びてきたので間に合わなかった」(長谷川)。朝岡隆蔵監督にとっても「あれでゲームが難しくなった」と悔いの残る失点だった。

 その後は相手の攻撃を安定したセービングで防いでいた長谷川だったが、後半38分には致命的な追加点を与えてしまう。ゴール前でフリーになったMF菊地泰智(3年)には味方DFが対処したが、FW熊澤和希(2年)が右サイドから放ったシュートが背中に当たってゴールへ。不運な形ではあったが、記録は長谷川のオウンゴールとなった。

「岸本選手(DF岸本駿朔/3年)が身体を張って守ってくれたんですけど、自分のふがいないプレーでああいう失点をしてしまった」。直後にロングスローからDF余合壮太(3年)のゴールが決まって1点を返し、セットプレーでは自身もPAで攻撃参加したものの、2失点が重くのしかかる形となって、3年ぶりの県予選敗退が決まった。

 高校生活では「プロになる」ことより「全国に出る」という想いが大きかったという長谷川だが、最終学年でその目標を果たすことができず。「全国に出たいという思いで市立船橋に入って、夢を持ちながらやってきたんですけど、それを叶えられなくて悔しい」と噛みしめるように話していた。

 それでも、サッカー人生は続いていく。来季からは水戸ホーリーホックへの加入が内定。練習参加では「俊敏性、スピード、パワーが全然違った」とレベル差を痛感したというが、「練習に対する取り組み、伸びしろを評価された」とレベルアップの素質は備えている。「自分は技術がないので、親からもらった身体がプロになれるきっかけになった」という191cmの身長も武器になるだろう。

 今後の目標は「勝たせるキーパーになること」。今季は全国総体3位、選手権県予選決勝敗退と“ここぞ”という場面で敗れており、「チームを勝たせられるキーパーではなかった」と悔いを残した。「失点しないことが一番分かりやすいし、自分一人だけでも守れるようにならないとダメ」。自分に厳しさを課すことのできる実直な守護神が、プロの舞台でさらなる進化を遂げる。

(取材・文 竹内達也)
●【特設】高校選手権2017
★ 日テレジータスで「高校選手権」地区大会決勝を全試合放送!ライ バル校、注目選手を要チェック!!

TOP