beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ユース取材ライター陣が推薦する「選手権注目の11傑」vol.5

このエントリーをはてなブックマークに追加

川端氏が注目するDF竹中響哉(立正大淞南高)。(写真協力=高校サッカー年鑑)

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権注目の11傑』」

 ゲキサカでは12月30日に開幕する第96回全国高校サッカー選手権の注目選手を大特集。ユース年代を主に取材するライター陣に今年も選手権注目の11選手、「選手権注目の11傑」を紹介してもらいます。第5回はサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』元編集長で育成年代からJリーグまで幅広く取材し、各種媒体に寄稿している川端暁彦氏による11名です。

川端暁彦氏「いよいよ高校サッカー選手権開幕ですね。Jリーグへ行く選手や年代別日本代表選手が注目株なのは言うまでもないですが、法政大で活躍して東京五輪代表候補に入った上田綺世選手(鹿島学園高出身)のように、この段階での注目度が小さな選手にも好素材が眠っているのが選手権の面白いところです。今回は出場48校の中からそうした“無印良品”を学年や所属校にこだわらずに探してみました」

以下、川端氏が注目する11人

GK中塚勝俊(旭川実高3年)
「190cm近い長身を誇る北国の守護神。夏の高校総体では初の8強入りに大きく貢献した。長身を活かしたプレーはもちろん、ここぞのビッグセーブも光る。完成度という意味ではまだまだながら、高校卒業後の伸びしろも残す」

DF竹中響哉(立正大淞南高3年)
「182cmとそこまで大柄ではないものの、『ビヨン』という擬態語を付けたくなる跳躍からエアバトルを制するストッパー。スピードもあり、やられそうになった『無理やろ』と言いたくなる状況から相手の攻撃を止めてしまうことも」

DF高嶋修也(明秀日立高2年)
「鹿島アントラーズ育ちらしい高空戦に長じたCB。初めて観たのは茨城県トレセンでのプレーだったが、相手の強力FWをタフな守りで粉砕していた。明秀ではFWも経験したが、今年はCBとして守備の要になっている」

DF河合航希(京都橘高3年)
「『京都橘の歩く戦術』とでも呼ぶべき主将。ボランチとしても高校屈指の彼が左SBに入ると、ちょっと中寄りのポジショニングからオシャレなゲームメイクを見せてくれる。負傷離脱中で恐らくプレー機会はないが、それでも取り上げたくなる名手だ」

MF稲見哲行(矢板中央高3年)
「相棒の松井蓮之を筆頭に目立つ選手が数多くいる矢板中央だが、あえて黒子に徹してボールを回収し、猛々しくヘディングで競り合い、堅実に繋ぐこの男の存在は大きい。初優勝へのキーマンと言ってもいい、隠れた好選手だ」

MF原田啓史(神村学園高3年)
「小気味良くボールを動かし、的確にボールを持ち出し、巧みにゲームを作っていくボランチタイプのMF。ど派手にやってくれる清水内定のMF高橋大悟とは相補的な関係性を築いている。高橋への徹底マークは必至だけに、この男がポイントだ」

MF西矢健人(大阪桐蔭高3年)
「関西を代表するクレバー・ボランチがついに選手権へやって来た。元より組み立ての精度や相手を洞察しながらのプレー判断には定評があったが、3年間で球際の強さや運動量の部分でも頼れる男に。ミドルシュートの“ゴラッソ”もある」

MF本山遊大(中京大中京高3年)
「『背中で引っ張ってくれる男』とは岡山哲也監督の評だが、圧倒的な運動量と球際での粘り強さを見せた上で、攻守の切り替えで相手を上回ってドリブルで“個”として魅せる。どこか『ミスターグランパス』岡山監督の現役時代を彷彿とさせるものもある」

MF若林龍(桐蔭学園高2年)
「緩急自在のドリブルで魅せていくタイプのサイドアタッカーだが、『急』の速さは相当なレベル。鋭くボールを運び出して相手DFをきりきり舞いさせつつ、どん欲にゴールも狙っていく」

FW加野赳瑠(尚志高3年)
「多彩なテクニックを状況に応じて使い分け、ゴール前で決定的な仕事をこなす東北屈指の10番。鹿島アントラーズJYつくばから決意を秘めて福島にやって来た男が、最後の選手権で何を魅せてくれるのか楽しみにしたい」

FW荒木駿太(長崎総合科学大附高3年)
安藤瑞季への集中マークが確実だが、対戦相手がプリンスリーグ九州得点王のこの男を忘れてしまうようでは敗北必至だろう。ドリブルでの仕掛けから仕留めるプレーに加え、ゴール前での抜け目ないゴールも多い大会の得点王候補」


●【特設】高校選手権2017

TOP