beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アーセナルFWラカゼットが膝を手術…4~6週間の離脱へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アレクサンドル・ラカゼットが膝を手術

 アーセナルは13日、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが膝の手術を行ったことを発表した。

 クラブ発表によると、ラカゼットは比較的簡単な手術を行った模様。離脱期間は4~6週間を予定しているという。これにより、ヨーロッパリーグ(EL)のエステルンド戦の2試合、25日に行われるマンチェスター・シティとのカラバオ杯決勝など、数試合を欠場する見込みだ。

 昨夏にリヨンから加入したラカゼットは、ここまで公式戦29試合に出場し、9ゴールを記録していた。今冬アーセナルは、MFヘンリク・ムヒタリアンとFWピエール・エメリク・オーバメヤンを獲得。ラカゼットは、出場機会の減少が心配されている中での負傷離脱となってしまった。

●プレミアリーグ2017-18特集

TOP