beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

元鹿島FW豊川雄太がついに欧州デビュー…後半から出場も最下位オイペンは逆転負け

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW豊川雄太が新天地デビュー

[2.17 ベルギーリーグ第27節 ズルテ・ワレヘム3-2オイペン]

 ベルギーリーグ第27節が17日に行われ、FW豊川雄太の所属する最下位オイペンは敵地で13位ズルテ・ワレヘムと対戦し、2-3で逆転負けを喫した。豊川は後半25分から途中投入され、移籍後初出場を果たしている。

 自動降格圏内の16位から抜け出したいオイペンは前半13分、FWママドゥ・コネがドリブルでPA内中央へ切れ込み、左足で決めて先制ゴールを奪う。同39分には相手のオウンゴールで2-0とし、4試合ぶりの勝利へ向けて優位な状況に立った。

 しかし、前半41分にズルテ・ワレヘムのFWハムディ・ハルバウィにヘディングで押し込まれると、直後の同44分には再びハルバウィにネットを揺らされ、あっという間に2-2と同点に追いつかれる。

 後半に入ってもペースを取り戻せず、後半19分にはMFブライアン・ハマライネンに逆転弾を献上。1点を追いかけるオイペンは後半25分にMFニルス・スハウテルデンを下げ、豊川をピッチへ送り出す。

 1月19日に鹿島からの完全移籍が発表された豊川は加入後6試合目にして、ついに公式戦デビュー。得点には絡めず、試合は2-3のままタイムアップを迎えたが、新天地で第一歩を踏み出した。

●海外組ガイド

TOP