beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“人類最速”ボルトがついにサッカー選手に!加入クラブは27日に正式発表へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウサイン・ボルトがサッカー選手に転身

 2017年夏の世界陸上で現役を引退した“人類最速の男”ウサイン・ボルト(31)がサッカークラブと契約を結んだことが分かった。『ESPN』が報じている。

 引退後、サッカー選手への羨望を口にしてきたボルトは25日、自身の公式ツイッター(@usainbolt)で「ついにサッカーチームと契約したよ!どのチームかは火曜日の午前8時にわかるはずだ」と発表した。100メートル走の世界記録保持者で、五輪では8つのメダルを獲得。ハムストリングスのケガに悩まされていたが、負傷は完治し、サッカー選手として第2のキャリアをスタートさせる。

 気になる加入クラブはどこに決まったのか。マンチェスター・ユナイテッドのファンとして知られるボルトは「ユナイテッドに行くのが僕の夢のひとつ」とかねてから口にしていた。1月に南アフリカのマメロディ・サンダウンズのトレーニングに参加。3月にはドルトムントのトライアルを受ける予定となっていた。ボルトは『デイリー・エクスプレス』に対して「いまやりたいのはサッカーだ」と夢について次のように語っていた。

「3月にはドルトムントのトライアルを受けることになっている。サッカーでのキャリアがどうなるか、そこで決まるんじゃないかな。もし彼らが僕を認めてくれて、もう少しちゃんとトレーニングを積めば、いけると思う」

「いまはナーバスになってるよ。普段はナーバスにならないんだけど、これはサッカーだからね。陸上と話が違う。適応するには時間がかかるけど、もし何試合かプレーすれば、自然と慣れていくんじゃないかと思う。はじめてトラック競技を始めたときと同じさ。あのときもナーバスになっていたよ。みんなに囲まれるのに慣れるまではね」

●ブンデスリーガ2017-18特集
●プレミアリーグ2017-18特集

TOP