beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

金子が豪快な無回転ミドルも…清水は仙台とドロー決着、互いに無敗キープ

このエントリーをはてなブックマークに追加

清水vs仙台はドロー決着

[3.18 J1第4節 清水1-1仙台 アイスタ]

 J1リーグは18日、第4節を行った。IAIスタジアム日本平では清水エスパルスベガルタ仙台が対戦し、1-1で引き分けた。互いに2勝2分と無敗をキープした。

 14日に行われたルヴァン杯・甲府戦(0-1)ではターンオーバーを採用し、今季初黒星を喫した清水。その試合から11人全員を入れ替え、10日の前節・札幌戦(3-1)と同じメンバーで臨んだ。一方、公式戦3戦連続で引き分けの仙台は、ルヴァン杯・横浜FM戦(0-0)から先発8人を変更。前節・神戸戦(1-1)から1人を入れ替え、負傷したDF板倉滉に代わってDF金正也(←G大阪)が今季リーグ戦初先発となった。

 リーグ戦で2勝1分と負けがないチーム同士の激突。試合は開始9分で動いた。FW北川航也のパスを敵陣中央で受けたMF金子翔太が思い切りよく右足を振り抜くと、無回転ミドルがゴール左上に突き刺さり、清水が先制点。金子はリーグ戦3試合連続ゴールとなった。

 立ち上がりは清水が主導権を握ったが、徐々にポゼッション率を上げてきた仙台の流れに傾く。前半24分、左サイドからMF永戸勝也が上げたクロスをDF平岡康裕がヘッド。41分には、平岡が右サイド深くまで侵入し、クロスを入れる。逆サイドまで流れたボールを永戸が回収し、左足を振り抜くが枠を大きく外れた。

 仙台は1点ビハインドの後半3分、ゴール正面の絶好の位置でFKを獲得。キッカーのFW野津田岳人が左足を振り抜くと、壁の上を越えてカーブしたシュートが枠に飛んだが、惜しくもクロスバーを叩き、後半開始早々に追いつくことができず。清水の攻撃に受ける時間が続くと、16分にMF富田晋伍を下げてFW西村拓真をピッチに送り込んだ。

 後半21分に清水ベンチも動く。北川に代えてFW鄭大世を投入。しかし、仙台が23分にMF中野嘉大を入れ、左サイドを中心に攻勢を強めると、25分に同点に追いつく。敵陣中央でパスを受けた野津田の左足ミドルはミートしなかったが、西村へのスルーパスとなりシュートを放つ。飛び出したGK六反勇治が弾いたボールをFW阿部拓馬が回収し、右足で沈めて1-1と試合を振り出しに戻した。

 阿部の移籍後初ゴールで同点した仙台は、左サイドの永戸が高い位置を取り、MF奥埜博亮や途中出場のFWジャーメイン良がボールに絡むが、逆転の1点が遠い。対する清水も引き分けではなく、鄭大世を中心に勝ち越しゴール狙ったが、仙台にボールを支配され、スコアを動かすことができなかった。試合は1-1でタイムアップ。勝ち点1を分け合う結果となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第4節 スコア速報

TOP