beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグWEST]「苦しい2試合を経てメンタル的に強くなった」G大阪ユースが今季初白星!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点を奪ったFW大谷優斗を祝福するガンバ大阪ユースの選手たち

[4.22 高円宮杯プレミアリーグWEST第3節 G大阪ユース 2-1 東福岡高 OFA万博フットボールセンター]

 高校年代最高峰のリーグ戦、高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018WESTは22日に第3節2日目を実施。ガンバ大阪ユース(大阪)と東福岡高(福岡)の一戦は前後半に1点ずつを奪ったG大阪が2-1で勝利した。

 開幕から2試合は7得点を奪うなど、攻撃で持ち味を見せながらも、試合終盤での失点が響き、ともに引き分け。今季初の勝ち点3を狙ったG大阪が開始から試合の主導権を握った。

「相手の背後を突けばチャンスを作れると思っていた」(MF奥野耕平、3年)との狙い通り、自陣でのボール回しで相手を食いつかせながら、生まれたDF裏へのスペースに効果的な浮き球を入れると、前半12分にはDF河井哲太(3年)が自陣からロングフィード。FW大谷優斗(2年)がGKと競り合ったこぼれ球をFW原田烈志(3年)が拾い、無人のゴールを狙ったが、シュートは枠を捉えることができなかった。

 以降も見せ場を作りながらも1点が遠かったが、前半43分にエリア中央をMF足立翼(3年)がドリブルで突破。左サイドに流したパスを原田がゴール前に折り返すと、反対サイドから走り込んだ大谷が合わせて、G大阪が先制した。

 前半は守備の時間が長かった東福岡も後半から攻勢を強め、9分には右CKのこぼれ球をDF中村拓海(3年)がダイレクトで打ち返し、同点に追いついた。だが、實好礼忠監督が「失点したことが良かったかもしれない」と振り返ったように、このゴールで気を引き締めたG大阪はペースを取り戻すと、20分にはMF岩本翔(3年)のスルーパスから途中出場のFW塚元大(2年)が勝ち越しゴールをマークする。

 終盤は、「この2試合は終盤に追いつかれていた。2-1になってからチャンスを作っても、点が決まらなかったので、正直また決められるのかなと思っていた」(岩本)が、奥野が「ヒガシは縦に速いのが分かっていたので、カウンターに対して全力で戻ったり、頑張ることができた」と胸を張ったように、最後まで集中力と走力を絶やさず、2-1で逃げ切った。

 開幕からのスタートダッシュに失敗したG大阪だが、2試合連続での引き分けは決して無駄ではない。「苦しい2試合を経て、メンタル的に強くなった。我慢出来るようになったし、声もたくさん出るようになった」と實好監督が口にするように、厳しい試合を経験したことで逞しさが増した。

 そして、「失点しても切り替える力や下を向かない力がついてきた」(奥野)。勝利への欲求も選手に刺激を与えており、奥野は「(本来は)走れるんですけど、サボっちゃう癖がある。上手さで魅せようとして、走ることを忘れちゃうのがガンバの毎年の悪い所。それが今日はなかった」と口にする。

 前日にセレッソ大阪とのダービーで今季初勝利を掴んだトップチームの存在もユースの選手にとってプラスの効果を及ぼしている。「昨日のトップの試合を観て、気持ちの部分を学べたから、しっかり守備が出来た」とMF丹羽匠(3年)が話せば、奥野も「独特の雰囲気の中での試合で、最後の所で身体を張る部分や意地を見せ合う所は観ていて刺激を受けた。球際で負けていたら、試合で勝てないと学んだ」と続けた。

 次節の対戦相手はC大阪U-18。トップチームに続いて、絶対に負けられない大阪ダービーだ。岩本が「連勝できるように、前半から飛ばして1点差じゃなくて、点差をつけてもっと楽な試合にしたい」と意気込んだように、ゴールラッシュでトップチームと同じ結果を狙いに行く。

(取材・文 森田将義)
●2018高円宮杯プレミアリーグWEST特集

TOP