beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「やる気がなかった」!?キレキレ湘南MF岡本が「右足違和感」で前半34分に交代

このエントリーをはてなブックマークに追加

「右足違和感」で前半34分に途中交代したMF岡本拓也

[4.25 J1第10節 湘南1-0G大阪 BMWス]

 湘南ベルマーレのMF岡本拓也が前半34分に途中交代した。20分と29分に右サイドからドリブルで持ち込んで惜しいシュートを放つなど、存在感を示していただけに、驚きの交代となった。

 チョウ・キジェ監督は試合後の会見で「やる気がないと言ったので代えました」と驚きの発言。ただし指揮官の表情は緩んだままで、岡本本人も「藤春選手と並走した時に右足にちょっと違和感を感じました。大事をとってという交代です」と軽傷を強調した。

 また岡本は交代直前のスローインの場面で遅延行為によってイエローカードをもらってしまう。これにより累積は4枚目。次節の浦和戦は出場停止となるが、もともと岡本は浦和からのレンタル加入で、契約上浦和戦に出場することは出来なかった。

 タイミングよく“休養”が与えられることになった岡本だが、チーム内競争を考えれば、有難いとは思っていない。「今日はすごく動けていた」と好調を感じていただけに、“悔しい離脱”になる。

「出場停止が明ける柏戦(5月2日)に向けて準備していきたい。みんなと競争してやってきたいです」。出場停止期間をリハビリ期間、“休養期間”に充て、湘南の右サイドに帰ってくる。

(取材・文 児玉幸洋)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

TOP