beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Rookie League]帝京三が静岡学園も完封!開幕2連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

2試合連続無失点に貢献したCB川野大治

[4.30 Rookie League A Group第2節 静岡学園高 0-2 帝京三高 時之栖うさぎ島2]
 
 30日、「2018 Rookie League」A Group第2節で静岡学園高(静岡)と帝京三高(山梨)が対戦。ともに開幕戦を勝利している両校の一戦は帝京三がMF大堀諒の2ゴールによって2-0で勝った。

 帝京三は0-0の前半45分、中盤でボールを奪うと、ショートカウンターを敢行。FW渡邉彩永のスルーパスで左中間を突いた大堀が先制ゴールを決めた。帝京三は後半12分にもMF平野元稀の縦パスで抜け出した大堀がこの日2点目となるゴール。この日、効いていたショートカウンターでシュートシーンを増やし、得点に結びつけて見せた。

 静岡学園は注目の技巧派MF渡邉怜歩が中心となってボールを動かし、反撃。だが、帝京三はCB川野大治が「(相手は)テクニックとかあるチームなのでしっかりと足を出さないようにとか考えながらプレーしました。(静岡学園には)FWにデカイ人とかいたんですけれども前を向かせないように対応できたところが良かった」と振り返ったように、狙い通りの守りを見せる。

 帝京三は川野やCB及川青空、MF高橋快をはじめ各選手がボールホルダーに対してしつこい守りを見せて簡単には前を向かせず、自由にプレーをさせなかった。そして、初戦で7得点を叩き出している静岡学園を無得点に封じて2試合連続完封勝利。川野は「一番は失点しなかったことですけれども、チームとしてしっかりと勝てたところが良かったと思います。でも、まだ2連勝だけなのでこれから先、全然強い相手とかいると思うのでこれからもしっかりと勝てていけたらいい」と引き締めていた。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2018 Rookie League特集ページ

TOP