beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東2部]今年は違うぞ中央大!安定感増した守備、CB渡辺剛が壁に

このエントリーをはてなブックマークに追加

安定感のある守備をみせるDF渡辺剛

 昨季、中央大の勝ち数は、1部に昇格した早稲田大、国士舘大と同じだった。しかし勝ち点差でわずかに2届かず、中大は3位となり1部復帰を逃した。

 理由は明確だった。後期は11試合中10勝と圧倒的な強さを見せつけた中大だったが、前期に星を落としすぎた。「前期、あと少しだけ勝てていれば」。手塚聡監督は「たらればだが」と前置きをしながらも、そう繰り返した。

 昨年だけではない。その前年も、そのまた前年も、中大は終了間際や立ち上がりの失点が多く、“守り切れない”弱さが目立った。ところが今年は違う。無失点とはいわないまでも、不用意な失点が激減。得点力もさることながら、守備の安定感が開幕から全勝という中大の快進撃を支えていることは間違いない。

 手塚監督は「センターバックとGKの連携がよくなった。そして昨年を経験したことで、ディフェンスラインが大きく成長した」と、好調な守備を分析する。その中心となるのはDF渡辺剛(4年=山梨学院高)とDF上島拓巳(4年=柏U-18)のセンターバックコンビだ。

 なかでも1年時からレギュラーポジションを得ていた渡辺剛は、中大の2部降格から、僅差で昇格できなかった昨年までを目の当たりにしてきた。

 185cmの長身を活かしたヘディングに絶対の自信をもち、空中戦にはめっぽう強い。どんなボールも跳ね返す当たり強さも目を引くが、本人は「得意なのはカバーリング。どちらかといえばディフェンスラインを統率するタイプ」だという。ただ、昨年の前期は、それができなかった。

「昨年はキャプテンの須藤岳晟さんがセンターバックに入っていたこともあって、どこか彼に頼っていた部分があった」と振り返る。しかし、そんなどこか甘えた気持ちはすぐに見抜かれた。「後期に入ったところで、須藤さんに“お前がもっと引っ張っていけ”と言われた」ことで目が覚めたという。「自分が積極的にディフェンスラインを統率するようになってからは、全体的に守れるようになった。今は高い位置での守備もうまくやれていると思う」。

 中大には、年代別代表、高校選抜といった華々しい肩書きを引っさげてやってきた。 「高校のときは、何から何までうまくいっていた。ヘディングでも全部勝っていて、高校選抜でもうまくいっていたし」。そんな渡辺に冷や水を浴びせかけたのが、U-18日本代表での経験だった。

「上には上がいると思わされました。やはり日本代表は違う。それをいちばん感じたのは試合のとき。周りはみんな落ち着いて冷静にプレーしているのに、自分だけ“やらなきゃ、やらなきゃ”と慌てている。まずメンタルのところからして違う。経験の差があったかもしれないけれど、当時の自分はそれを実力の差だと思った」

 だから、その後年代別代表に呼ばれなくなっても、落ち込んだり焦ることはなかった。

「自分の実力的に考えたら仕方のないこと。むしろ大学で基礎からやり直して、また入れるようにがんばらないと、という気持ちだった」

 そうしてこの3年間、コツコツと自分を磨いてきた。今春には地域選抜対抗戦である『デンソーカップチャレンジサッカー 熊本大会』で関東選抜Aに選ばれた。優勝は逃したが、渡辺は「自分の出したいプレーを出せたし、すごく楽しんでサッカーができた」と笑顔を見せた。4年前の年代別代表とは違う、納得のいくプレーだったことがうかがえる。

 残るは、3年間求め続けてきた関東1部昇格を実現させること。

「自分たちはもう1部を経験できないけれど、来年、後輩たちには1部を経験させてあげたい。そして1部でも通用するチームをつくれたら」

 そのためにも「今はチームをまとめて、勝利に貢献することだけに意識を向けたい」という。そうすることで「自ずと自分も成長できる」と確信もしている。大学最後の年、中大の誇るエアバトラーは、チームのために、そして1部昇格に向けて天高く跳び、ボールを追う。

(取材・文 飯嶋玲子)
●第92回関東大学L特集

TOP