beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

消化試合の神戸vs鳥栖はハーフナーの劇的弾でドロー決着…郷家は報復行為で一発レッド

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWハーフナー・マイクが劇的弾

[5.16 ルヴァン杯GL第6節 神戸1-1鳥栖 ノエスタ]

 ルヴァン杯は16日、グループリーグ第6節を行った。ノエビアスタジアム神戸ではD組のヴィッセル神戸サガン鳥栖が対戦し、1-1で引き分けた。プレーオフステージは6月2日に第1戦、9日に第2戦が行われ、神戸は横浜FMと戦う。

 首位通過が決まっている神戸は、FW佐々木大樹(18)とMF郷家友太(18)、DF小林友希(17)ら若手を多く起用し、スタメン平均22.55歳でグループリーグ最終節に臨む。一方、すでに敗退が決まっている鳥栖は、前節・長崎戦でプロ初ゴールを決めたFW石井快征(18)が引き続きスタメン出場。31歳FW池田圭と2トップを組んだ。

 鳥栖は前半20分、右サイド深くでFKを獲得。キッカーのDF安在和樹がゴール前に放り込むと、こぼれたボールを石井が体を倒しながらボレーシュートを放つが、枠上に外れる。神戸は35分、DF三原雅俊が中央を突破。PA左手前でパスを受けた郷家が右にボールを運んで右足を振り抜くが、鋭いカーブのかかったシュートはGK高丘陽平のファインセーブに阻まれた。

 スコアレスで迎えた後半は互いにシュートまで持ち込めず、均衡した状況が続く。そんな中、17分にセンターサークル内でDF高橋祐治に倒された郷家が報復行為のような形で高橋祐を蹴り上げてしまい、レッドカード。神戸は10人となってしまった。

 すると、後半22分にスコアが動いた。鳥栖はPA左から石井がマイナスへ折り返し、MF石川啓人がPA左手前へラストパス。これを安在がダイレクトで左足を振り抜くと、地を這うようなシュートが右ポストをかすめてゴールネットを揺らし、鳥栖が先制に成功する。さらに28分、石井が後方に落としたボールをMF安庸佑が左足ダイレクトシュート。これは惜しくもクロスバーを叩いた。

 1点ビハインドの神戸は後半32分、三原を下げてFWハーフナー・マイクを投入。なかなかチャンスを作れず、敗戦濃厚とみられていた。だが、アディショナルタイム4分にセンターサークル内でFKを獲得すると、GK吉丸絢梓がゴール前に放り込み、ハーフナーが胸トラップから左足ボレーを決め、タイムアップ。1-1で引き分けに終わった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●ルヴァン杯2018特設ページ
●[ルヴァン杯]GL第6節 スコア速報

TOP